学生生活

大学生としての健康管理について

MENU

帝塚山大学では、学生の皆さんが健康で充実した大学生活を送るとともに、心身の健康を自己管理できる能力を身につけられるよう、支援しています。

社会人になれば、みなさんの健康は自分自身が守っていくことになります。その努力を怠った結果、健康を損ない、仕事を続けられない状態になるとどういうことになるのかは容易に想像できると思います。

学生のみなさんは、毎年4月に実施される学生定期健康診断を必ず受診し、自身の健康管理に活用してください。さらに、再検査などの指示があった場合は必ず従ってください。

その他、感染症に関する情報も常に注意を払ってください。大学からも必要と思われる情報は随時提示しますが、季節性インフルエンザなど毎年注意するもの以外にも特別な感染症情報が報じられることがあります。得た情報をもとに必要な予防策を講じるようにしてください。

「こころの健康」の管理については、学生相談室が支援します。学生相談室にはカウンセラーが常駐しており、みなさんの様々な相談に応じます。

定期健康診断

定期健康診断受診の義務

学校保健安全法に基づき、全学生を対象として、春に学生定期健康診断を実施します。本学に在籍する学生に、これを受診することを義務づけています。毎年継続して受診し、自身の健康状態を自己管理することは大変重要です。

大学で実施する健康診断の費用は大学で負担しますが、指定日に受診できない場合は自己負担での受診となります。また、健康診断を受けていないと身体検査証明書を発行することができません。必ず受診してください。

個人別結果票の返却について

定期健康診断の結果は、5月下旬に自宅に郵送します。健診結果を必ず確認してください。健診結果に何らかの所見が記載されていた場合にはこれを熟読し、再検査が必要な場合は診察依頼書を配布しますので、医療機関で対処を行うことも学生の義務であると認識してください。

身体検査証明書

進学・就職及び学外実習に必要な身体検査証明書は、学内の証明書自動発行機で発行しています。電話での申し込みは受付けません。提出先から、健康診断の発行機関を指定されている場合や診断証明項目によって、活用できない場合があります。
また、定期健康診断を受診しなかった学生には、発行できません。

なお、定期健康診断実施時に何らかの理由でこれを受診できなかった場合には、学生生活課もしくは保健室まで問い合わせてください。

〈遠隔地被保険者証の手続き方法〉
在学証明書(住民票が必要な場合もある)を扶養者が加入している健康保険証取扱所(社会保険は勤務先、国民保険は役所)へ提出すれば交付されます。
住民票が必要な場合には、事前に帰省地の役所で転出証明をもらい、現住所管轄の役所に転入届を提出しておく必要があります。

遠隔地被保険者証の手続き方法

在学証明書(住民票が必要な場合もある)を扶養者が加入している健康保険証取扱所(社会保険は勤務先、国民保険は役所)へ提出すれば交付されます。
住民票が必要な場合には事前に帰省地の役所で転出証明をもらい、現住所管轄の役所に転入届を提出しておく必要があります。