入試情報

入試情報

学校推薦型選抜 公募制推薦 前期(資格重視型)

インターネット出願

入試ガイド 2023(PDF:6.62MB)

募集人員

学部 学科 募集人員
公募制推薦 前期、前期(専門課程)、小論文型の総数
文学部 日本文化学科 8
文化創造学科 8
経済学部 経済学科 10
経営学部 経営学科 10
法学部 法学科 10
心理学部 心理学科 10
現代生活学部 食物栄養学科
居住空間デザイン学科 5
こども学科 8
試験会場 本学(東生駒キャンパス)/大阪和歌山
対象学科
  • 日本文化学科
  • 経済経営学科
  • 法学科
  • 心理学科
  • 食物栄養学科
  • 居住空間デザイン学科
  • こども教育学科

入試スケジュール

試験日 2022年11月12日(土)・11月13日(日)
出願期間
2022年10月20日(木)~11月4日(金) 最終日消印有効

窓口受付日(東生駒キャンパス 入試広報課)

2022年11月5日(土)9:00~13:00
11月7日(月)9:00~17:00
東生駒キャンパス会場での受験生のみ

合格発表 2022年11月18日(金)
入学手続締切日 1次 入学金納付期限:2022年12月5日(月)
2次 前期授業料など納付期限:2023年1月6日(金)

CHECK POINT

  • 取得資格を点数化して合否判定を行います。対象資格は下記の一覧を参照してください。
  • 公募制推薦・前期及び前期(専門課程)との同時出願はできません。
  • 基礎知識読解試験の国語、英語および選択科目から2科目以上受験し、高得点1科目を用いて合否判定を行います。ただし、食物栄養学科は受験科目の指定があります。
  • 1回(1日)の出願で第3志望まで複数学科の出願が可能です。(入学検定料は変わりません)
  • 公募制推薦・前期資格重視型2日目と前期小論文型は同じ試験日ですが、試験時間が重ならないため、同時出願が可能です。
  • 2日間受験・同一学科を志望した場合、合計得点の高い方の日で合否判定を行います。
  • 外国語(英語)の外部試験の得点利用制度(みなし得点制度)が対象となります。
  • 複数回受験の場合、入学検定料を優遇します。
  • 受験者は、試験日前日に、提携先ホテルに無料で宿泊できる制度を実施しています。詳しくはこちら
  • インターネット出願が可能です。詳しくはこちら

出願資格

学校推薦型選抜 公募制推薦 前期 資格重視型

併願可 高校既卒者・高卒認定(旧大検)可

次のいずれかに該当する者で、本学を志望し、学力・人物が優秀で出身学校長が推薦する者

  1. 高等学校又は中等教育学校を卒業した者、およびいずれかを2023年3月卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2023年3月修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および2023年3月31日までにこれに該当する見込みの者
  • ※ 出願時に、本学が対象としている資格を取得していることを証明できる資料を提出すること。

選考方法

選考方法 時 間 配 点
全学科対象で第3志望まで併願可能 基礎知識読解試験「国語」・「英語」・「選択」から2科目以上受験し、高得点1科目を採用 各50分 各100点
取得資格「対象資格と資格点一覧」にもとづき点数化 100点
書類審査(調査書の全体の学習成績の状況を5倍する) 25点
  合計(満点) 225点

試験時間

選択 国語 英語
13:00~13:50 14:25~15:15 15:50~16:40
  • ※ 各科目を中央値補正により得点調整し、順位を決定して合否判定を行います。
  • ※ 英語の外部資格・検定試験の成績に応じて、その成績を得点換算します。この場合、「英語」基礎知識読解試験を受験する必要はありませんが、受験した場合は、高得点の方で合否判定を行います。
  • ※ 選択科目は「数学」・「理科(生物基礎および生物、生物基礎および化学基礎)」より1科目を選択してください(食物栄養学科を志願するものは数学は選択できません)
  • ※ 選択科目の試験は、当日に試験問題を見てから解答科目を選択できます。
  • ※ 食物栄養学科を志望する者は、第1志望、第2志望、第3志望に関係なく、「選択科目」から「理科」を選択し受験する必要があります。受験しなかった場合は、欠席扱いとなります。合否判定は「国語」「英語」「理科」のうち高得点1科目で行います。

入学検定料

35,000円

  • ※ 複数回受験入学検定料優遇制度が適応されます。詳しくはこちら

学校推薦型選抜 公募制推薦前期 資格重視型対象資格と資格点一覧

情報処理

資格・検定 主催団体等 資格得点
基本情報技術者 独立行政法人 情報処理推進機構
IPA IT人材育成センター
合格:100点
IT パスポート 合格:90点
情報処理検定(ビジネス情報部門) 公益財団法人 全国商業高等学校協会 1級:80点
2級:60点
情報処理検定(プログラミング部門) 1級:80点
2級:60点
ICTプロフィシエンシー検定〔P検 - パソコン検定〕 ICTプロフィシエンシー検定協会 1級:80点
2級:70点
準2級・3級:60点
情報技術検定 公益社団法人 全国工業高等学校長協会 1級:80点
2級:60点
パソコン利用技術検定 1級:80点
2級:60点
情報処理技能検定(表計算) 日本情報処理検定協会 初段:70点
1級:60点

簿記

資格・検定 主催団体等 資格得点
簿記検定 日本商工会議所 1級:100点
2級:80点
簿記実務検定 公益財団法人 全国商業高等学校協会 1級:80点
簿記実務検定(会計科目)
または(原価計算科目)
1級科目合格:60点
簿記能力検定 公益社団法人 全国経理教育協会 上級:90点
1級:80点

時事

資格・検定 主催団体等 資格得点
ニュース時事能力検定 特定非営利活動法人
日本ニュース時事能力検定協会
1級:80点
2級・準2級:70点
3級:60点

珠算・電卓

資格・検定 主催団体等 資格得点
珠算能力検定 日本商工会議所 1級:70点
珠算検定 公益社団法人 全国珠算教育連盟 2段以上:70点
準2段~1級:60点
珠算・電卓実務検定
(普通計算/ビジネス計算両部門)
<計算用具:そろばん>
公益財団法人 全国商業高等学校協会 1級:70点
珠算・電卓実務検定
(普通計算/ビジネス計算両部門)
<計算用具:電卓>
1級:70点
計算技術検定 公益社団法人 全国工業高等学校長協会 1級:80点
2級:70点

数学

資格・検定 主催団体等 資格得点
実用数学技能検定 公益財団法人 日本数学検定協会 1級:100点
準1級:80点
2級:70点

日本語

資格・検定 主催団体等 資格得点
日本語検定 特定非営利活動法人 日本語検定委員会 1級:80点
準1級・2級:70点
準2級・3級:60点

書道

資格・検定 主催団体等 資格得点
硬筆書写技能検定 一般財団法人 日本書写技能検定協会 準1級以上:80点
2級:70点
準2級・3級:60点
毛筆書写技能検定 準1級以上:80点
2級:70点
準2級・3級:60点

外国語(英語)における外部試験利用のみなし得点について

受験者が保有する英語の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、90点、80点、70点の4段階に換算し合否判定を行います。
試験科目「英語」を受験する必要はありませんが、受験した場合は得点の高い方を採用します。得点基準は下記表を参照してください。

みなし得点 100点 90点 80点 70点
実用英語
技能検定
(英検)※1
1級 準1級 2級
GTEC※2 1350以上 1349~1190 1189~960
TOEFL iBT® 95以上 94~72 71~42
IELTS
※3
7.0以上 6.5~5.5 5.0~4.0
TEAP(4技能版) 375以上 374~309 308~225
TEAP
CBT
800 795~600 595~420
ケンブリッジ
英語検定
C2 Proficiency
C1 Advanced
B2 First B1 Preliminary
TOEIC®L&R/S&W※4 1845以上 1840~1560 1555~1150
全国商業高等学校協会
英語検定試験(全商英検)
1級
  • ※1 実用英語技能検定試験(英検)は、英検CBT、英検S-CBT、英検S-Interviewも評価の対象とします。(英検S-Interviewをご利用される方は、出願前にご連絡ください。)
  • ※2 オフィシャルスコアに限ります。
  • ※3 IELTSは、CD IELTS(Computer-delivered IELTS)も評価の対象とします。
  • ※4 TOEIC L&R/TOEIC S&Wについては、TOEIC S&Wのスコアを2.5倍にして合算したスコアで判定します。
  • 対象入試の出願開始日から2年以内に合格または取得したスコアを対象とします。
  • 合格証・スコア等は原本のコピーでも可とします。ただし、スコア等が載ったインターネット画面を印刷したものは認められません。
  • 詳細は学生募集要項で確認してください。
  • ※ 本サイトの掲載内容は、すべて2023年度入学生向けの情報です。