学長、帝塚山大学

2021年06月10日

第5回 女子大と短大を偲ぶ

帝塚山大学は1964年(昭和394月に開学して以来、1987年(昭和62)に男女共学になるまで、23年間教養学部のみの女子単科大学でした。また、大学学園前キャンパスには、その前身とも言うべき帝塚山短期大学がありました。短期大学は大学に3年先立つ1961年(昭和364月に開学し、2000年(平成12)に大学短期大学部へと組織変更、2004年(平成16年)には募集停止となりましたが、主要な専攻は現代生活学部へと引き継がれています。

この期間、大学教養学部と短期大学は女子の高等教育機関として、約35000人もの多くの人材を社会に送り出しています。関西地域において、卒業生の女性社長のランキングで本学が上位を占めることが多いのも、こうした経緯が影響しています。

しかしながら、大学が共学になって今年(2021年)で34年、短期大学が募集停止してからも17年が過ぎてしまい、当時を知る教職員も少なくなりましたので、少しだけ女子大と短大を偲ぶために、両者の記憶を辿りましょう。

東生駒キャンパスのバス停を降りたところにある「歴史館」では、大学創設からの大学の流れが誰にも分かりやすく紹介されています(図1)。創設時の教員たちと教育の様子が理解できますが、ぜひ女子大時代の教育の様子や部活等での活躍を知ってください。女子アーチェリー部は当時の花形クラブであり、在学時にオリンピックに出場した選手もいました。現在、部室や合宿所になっている建物(第3クラブハウス、セミナーハウス三碓)は当時の女子寮(三碓寮)です(図2)。

短期大学については、学園前キャンパスの中で、短大当時とそれほど変わっていない建物がいくつかあり、短大の名残が所々にあります。10号館の1階と2階はかつての短期大学家庭生活学科(2001年より人間環境学科に名称変更)のスペースですし、14号館の学生ホール(図3)や食堂(図4)も改装されて新しくなりましたが、構造はそのままです。それでも短期大学開学当時の円型校舎(図5)が無くなったのは、やはり寂しく思います。

1981年にはNHKドラマ人間模様「万葉の娘たち」というタイトルのテレビドラマが、当時の有名な女優陣によって、短大キャンパス内の校舎を用いて撮影されたこともありました。 

ハトの広場に面した小さな植え込みの一角に、短期大学を偲ぶモニュメント「待つ人」が置かれています(図6)。短期大学同窓会からの要望を受けた学園が2005年(平成17)に設置したもので、彫刻家の玉野勢三氏が制作されました。物思いにふけっているような女性の像ですね。何を待っているのでしょうか。

 学生の皆さんも大学を散策する際には、かつて東生駒には女子大、学園前には短大があり、多くの学生達がこの地で学んでいたことに思いを巡らせていただければと思います。

学キャンパスには、数多くの樹木があります。大阪市立大学名誉教授で帝塚山学園の学園長も務められた高田英夫先生は植物学の権威であり有り、大阪市立大学理学部附属植物園(現大阪市立大学附属植物園 大阪府交野市私市)から約1万本の樹木の寄贈を受けて、キャンパスを豊かな樹木で整備されました。とくに東生駒キャンパスの樹木の数と種類(約200)は、植物園として通用するほどとわれています。

 

私の好きな樹木のひとつに、5号館から図書館や7号館(情報教育研究センター)に抜ける自動ドアを出たところにあるセコイヤがあります。セコイヤに出会う出合う ものの場合は出合う。特別な思いがある場合は出会うも可)ルートとして、7号館から西にある階段を上りきったところで左手を見るとを見ると、大きなセコイヤの木が見えます(写真1)。セコイヤは北米などに分布する巨大樹で、日本でも化石として数多く発掘されています。このセコイヤが植えられたのは、大学が共学化(共学化されたのは87年です)され、大学の男女共学化1987年)に向けて当時の経済学部棟(現4号館、5号館)が建設された1986年(昭和61年)です頃と推定されます*(高田,2002引用元)。今は高さが26mという巨木になり、風格が漂ってきました。

 

バス停前のにある時計台の先にはレイランドヒノキ(写真2)とメタセコイヤ(図3)があります。レイランドヒノキはアラスカヒノキモントレースギの交雑種です。メタセコイヤ京都大学の三木茂氏による化石調査により1941年の論文で新属として命名されていますが、1946年に中国四川省生育しているメタセコイヤが発見されました。その後、アメリカの研究者が苗を持ち帰り日本1949年に苗木と種子が寄贈されました。記録によると、カルフォルニア大学チェイニー教授から皇室に、ハーバード大学メリル教授から東京大学に送られたとあります。

 

メタセコイヤの和名はアケボノスギです。セコイヤはメタセコイヤから生まれたのですが、メタセコイヤが落葉樹であるのに対して、セコイヤが常緑針葉樹というのが興味深いですね。昭和天皇はこのアケボノスギを愛され、1987年(昭和62年)の歌会始において、和歌を詠まれています。

 

わが国のたちなり来し年々に あけぼのすぎの木はのびにけり

 

戦争で大きく傷ついた日本が、戦後に再び立ち直って発展していった姿を、アケボノスギの成長と重ね合わせた内容です。

 

メタセコイヤについては、滋賀県高島市マキノ高原や大阪市花博記念公園鶴見緑地の並木が有名ですが、ご近所の京都府精華町けいはんな学研都市の精華大通りで1.5km続くメタセコイヤ並木も見事です。本学のメタセコイヤはまだ樹齢が若く、それほど目立ちませんが、これから10年後、20年後には素晴らしい樹木に成長して、学生たちを見守ってくれるでしょう。

 

大学創設の1964年(昭和39年)当時から大学にある樹木としては、食堂から5号館への階段を上ったところにあるアカマツが代表です(写真4)。開学当時は現在の通用門の近くに右が正門があったようです。  今でも帝塚山大学附属博物館と通用門の付近には門から校舎へと続く道沿いにアカマツの木が何本もあります。植えられていたようです 。博物館の左手を降りていく旧正門の小道が残っており、道沿いにアカマツが少しだけ残っています。また、

 

このように、東生駒キャンパス内には多様な樹木があります。春や夏の花々も良いですが、

秋には通用門に降りていく道路沿いのイチョウ並木が私たちの心を和ませてくれます(写真5)。

 

分かりやすいように、キャンパス地図上に、図の番号を載せておきます(図6)。学生の皆さんも、時間を見つけてキャンパスを散策され、季節ごとのキャンパスの風情を樹木や花々から感じとって下さい。

 

参考文献

     高田英夫 「大学の森 第7回 セコイヤ」(大学通信「帝塚山」, No.12, 2002

     斎藤清明 メタセコイヤ中公新書, 1995

     生物学御研究所(編) 皇居の植物(保育社, 1989


 [安田 政志1]門の位置?鈴木さん?

 [多賀 久彦2]富雄からの道が正門:今の通用門で良いですか?

 [鈴木 依子3]もともと松林だったのだと思います。

図1 東生駒キャンパスの「歴史館」

図2 東生駒キャンパスの女子寮を改築したセミナーハウス「三碓」

図3 学園前キャンパス学生ホール(現在:2021年6月)

図4 学園前キャンパス学生食堂(短大当時と現在の様子)

図5 幼稚園側から短期大学円型校舎を臨む(1993年撮影)

図6 短期大学を偲ぶ彫像「待つ人」(学園前キャンパス「ハトの広場」)