英語でどう叫ぶ?

英語でどう叫ぶ?

 「This movie is extremely hair-raising and blood-chilling !」

 これ映画の「The ring」のアメリカ公開時、映画評で見かけたものなんだけれど、どういう意味か大体わかるよね。「この映画はむちゃくちゃ怖くて、髪の毛が逆立って、血も凍りそう!」てな感じの意味なんだけれど、日本語でいう「身の毛もよだつ」「背筋も凍る」とかいう「感覚」はどこの国でも共通なんだな〜あ。怖いものは怖いっ!てところでしょうね。

 そんなとってもコワ〜イ時、とっさに英語で叫べるようになったらあなたももう英語の達人! そこで<妖怪英会話・初級編>ではとってもコワ〜イ時、英語でどう叫ぶかをみていくことにしました。さて、ビックリマークがずらりと並んだ次のような時、あなたならなんて言う? 場面を想像しながら英語で叫んでみてね!

感嘆詞はこう叫ぶ!?

キャー!、ギャー! Eeeek!
わ〜っ ooh!
わ〜たいへん! Oh, no!
まさか! Oh, my God! / It can't be true!
なんてこった! Oh, my God!

解説・Description

 「Eeeek!」なんて、とてもとっさには出てこない言葉だよね。それと「Oh, my God!」というフレーズもよく使われるもの。<恐怖の叫び>だから、きっとムンクの「叫び」の絵みたいに口をパックリあけて、大げさに叫ぶという感じがぴったりくるはず。「Oh, no!」という表現は声のトーンを低くしたり、顔を手で覆ったりというしぐさをすれば「悲しみ・同情の表現」にもなる。今度外国映画を見る時には、こうした身振り手振りの表現にも注目してみると面白いかも。


  NEXT
身の毛もよだつ