(1) 「世界裁判所」 とは、 国際司法裁判所及び常設国際司法裁判所に与えられた名称である。 世界裁判所の役割及び裁判例については多数の文献が存在する。 たとえば、 S Rosenne, The World Court : What it is and How it Works (Dordrecht: M. Nijhoff) 4th edition, 1989; N Singh, The role and Record of the International Court of Justice (Dordrecht: M. Nijhoff) 1989; T Elias, The International Court of Justice and Some Contemporary Problems (The Hague: M. Nijhoff) 1983; G Elian, The International Court of Justice (Leiden: A. W. Sijthoff) 1971 などを参照。

(2) L Gross, "Some Observations on the International Court of Justice" 56 American Journal of International Law (1962) 33-62; A Shearer, Starke's International Law (London: Butterworths) 11th edition, 1994, 464. 他の関連問題とともに国際法の種々の領域への裁判所の貢献の概要については、 V Lowe and M Fitzmaurice (eds.), Fifty Years of the International Court of Justice: Essays in Honour of Sir Robert Jennings (Grotious: Cambridge University Press) 1996.

(3) Federal Republic of Germany v Denmark; Federal Republic of Germany v The Netherlands, ICJ Reports 1969, 3; W Friedman, "The North Sea Continental Shelf Cases: A Critique" 64 American Journal of International Law (1970) 229-240.

(4) ICJ Reports 1951, 116; 18 ILR 86.

(5) Columbia v Peru, ICJ Reports 1950, 65.

(6) ICJ Reports 1949, 174; 16 ILR 318.

(7) ICJ Reports 1951, 15.

(8) ICJ Reports 1971, 16; 49 ILR 3.

(9)ICJ Reports 1975, 12; 59 ILR 30.

(10)常設国際司法裁判所は、 「概念としての領域主権は、 他の諸国の権利を保護する義務を含む」 ことを示している。 2 RIAA 829, 839.

(11) ICJ Reports 1949, 4.これによって、 裁判所は、 「他の国家の権利に反する活動に関して当該領域の使用を許さない、 すべての国家の義務」 という基本原則を定めた。 Ibid., 22.

(12) Australia v France; New Zealand v France, ICJ Reports 1974, 253, 457. フランスの核実験に対して、 オーストラリア及びニュージーランドは、 その放射性降下物が、 環境に対する侵害であると共に主権原則に違反するものであると主張して、 申立を行った。 一九七三年六月二二日に、 国際司法裁判所は、 (国際司法裁判所規程四一条に基づく) 暫定措置を発し、 フランスに対して、 オーストラリア領域への放射性降下物をもたらすような核実験を避けるよう求めた。 ICJ Reports 1973, 135. しかし、 本案に関する判決は下されないまま、 一九七三年以後は更なる核実験を行わない旨のフランスの宣言の後、 裁判所は、 実体的な請求権がもはや未解決の対象を有しないと判示した。

(13) ICJ Reports 1984, 246.

(14) ICJ Reports 1993, 72.

(15) Certain Phosphate Lands in Nauru (Nauru v Australia) 1992 ICJ 240 (26th June) Preliminary Objections Judgment. 当事国によって和解がなされたため、 本案については判断が下されなかった。 和解に基づき、 オーストラリアは一億七百万豪州ドルをナウルに支払ったようである。 A Anghie, "The Heart of My Home: Colonialism, Environmental Damage and the Nauru Case" 34 Harvard International Law Journal (1992) 445; P Sands, "1992: The Year in Review" Yearbook of International Environmental Law 1992, 495-497を参照。

(16)Gabikovo-Nagymaors Project (Hungary/Slovakia) Case Judgment 25 September, 1997, 37 ILM (1998) 169.

(17) ICJ Reports 1995, 288.

(18) 35 ILM (1997) 809, 1343.

(19) 1945 UKTS 67; 1946 Cmnd 7015.

(20) Judge Lachs, "The Revised Procedure of the International Court of Justice" Essays on the Development of International Legal Order (Festschrift Panhuys) 1980, 43; R Jennings, "The Role of the International Court of Justice in the Development of International Environmental Protection Law" 1(3) Reciel (1992) 240-244; G Guillaume, "The Future of International Institutions" 44 International and Comparative Law Quarterly (1995) 848-862.

(21) ICJ communiqu 93 / 20 19 July 1993; E Valencia-Ospina, "The Use of Chambers of the International Court of Justice" in V Lowe and M Fitzmaurice, supra n 2, 503-527, 521.

(22)国連憲章 (一九四五年) 二条二号、 四号及び七号を参照。

(23) 二条七号は、 「この憲章のいかなる規定も、 本質上いずれかの国の国内管轄権内にある事項に干渉する権限を国際連合に与えるものではなく、 また、 その事項をこの憲章に基づく解決に付託することを加盟国に要求するものでもない……」 と規定する。

(24) Gabikovo-Nagymaors Project (Hungary/ Slavakia) 事件を参照。 ハンガリー共和国とスロバキア共和国の政府は、 一九九三年四月七日に両当事国によって署名された、 当該事件を国際司法裁判所に服する旨の特別協定を、 一九九三年七月二日に裁判所の登録官に通知した。

(25) 生物多様性に関する条約 (一九九二年六月五日署名) 31 ILM 818; 化学兵器に関する一九九三年のパリ条約、 オゾン層の保護に関する一九八五年のウィーン条約 (一九 八八年九月二二日発効) TIAS 11097; 26 ILM 1529 (1978) の一一条、 などを参照。

(26) 本条は、 次のように規定する。 「この規程の当事国である国は、 次の事項に関するすべての法律的紛争についての裁判所の管轄を同一の義務を受諾する他の国に対する関係において当然に且つ特別の合意なしに義務的であると認めることを、 いつでも宣言することができる。    a 条約の解釈    b 国際法上の問題    c 認定されれば国際義務の違反となるような事実の存在    d 国際義務の違反に対する賠償の性質又は範囲」。

(27) Guillaume, supra n. 20, 850.

(28) ICJ Reports 1995, 90 (Judgment of 30 June 1995).

(29) 貨幣用金の原則によれば、 第三国の法的利益が裁判所に係属する事件の対象となる場合には、 裁判所が管轄権を拒絶するために同意の要件が必要である。 Case of Monetary Gold Removed from Rome in 1943 (Italy v France, United Kingdom and United States), (preliminary question), ICJ Reports 1954, 32.

(30) Namibia and Western Sahara Cases; Interpretation of Peace Treaties, ICJ Reports 1950, 65, 221 などを参照。

(31) Advisory Opinion on the Status of Eastern Carelia (1923), PCIJ Ser B No 5, 27-29. 「裁判所は、 勧告的意見の手続においても基本的な司法上の制約を遵守する義務を有することを認めており、 それゆえ、 意見が求められている主要な点が、 国家間の紛争について重要な点で、 裁判所が従来述べていないものである場合には、 管轄権を行使しないであろう。 このような状況下で勧告的意見を下すことは、 当事国の同意のない裁判になるかもしれないからである」。 Shearer, supra n. 2, 461.

(32)1945 UKTS 67; 1946 Cmnd 7015.

(33) 五九条。

(34) 一九五〇年一一月四日採択。 UNTS 232.

(35) 一九九四年五月一一に署名された、 この条約の議定書一一を参照 (一九九八年一一月一一日発効)。 33 ILM 943. R Bernhardt, "Reform of the Control Machinery under the European Convention on Human Rights: Protocol No 11" 89 American Journal of International Law (1995), 145-154; D Harris, M O'Boyle and C Warbrick, Law of the European Convention on Human Rights (London: Butterworths) 1995, 706-711; A Robertson and J Merrills, Human Rights in the World: An Introduction to the Study of International Protection of Human Rights, 4th edition (Manchester: University Press) 1996, 148-151.

(36) A Hurrell and B Kingsbury, "The International Politics of the Environment: An Introduction" A Hurrell and B Kingsbury (eds.), The International Politics of the Environment: Actors, Interests and Institutions (Oxford: Clarendon Press) 1992, 1-47, 20.

(37) 一九八九年六月二七日に、 ILO総会で採択された (一九九一年九月五日発効)。 28 ILM 1989.

(38) UN Doc. A/CONF. 151 / 5 (1992) reprinted 31 ILM 874 (1992); See in particular Principle 22.

(39) 一九九二年六月五日に署名。 818 ILM 1992. とくに条約の前文及び一〇条を参照。

(40) A Fabra, "Indigenous Peoples, Environmental degradation and Human Rights: a Case Study" in A Boyle and M Anderson (eds.), Human Rights Approaches to Environmental Protection (Oxford: Clarendon) 1996, 244-263; S Bilderbeek (ed.), Biodiversity in International Law (Amsterdam: IOS Press) 1992, 36-41.

(41) Bilderbeek (ed.), supra n. 40, 162-183.

(42) 「三四条一項の趣旨は、 偶然に国際司法裁判所に係属した国家間の紛争に関する部分を除いた、 近代の国際法から、 国際司法裁判所を隔離することである。 ……しかし、 概して、 国際司法裁判所は、 三四条一項によって、 一九二〇年代の国際法の枠組みについての観念に捕らわれているかのようである。」。 R Jennings, "The United Nations at Fifty: The International Court of Justice after Fifty Years" 89 American Journal of International Law (1995) 493-505, 504.

(43) Jennings, ibid., 504-505.

(44) A Postiglione, "An International Court for the Environment" Environmental Law and Policy 23 / 2 (1993) 73-78, 76.

(45) Barcelona Traction, Light and Power Co. Case (Belgium v Spain), ICJ Reports 1970, 3.

(46) 国際司法裁判所は、 国際社会全体に対する義務と外交的保護に関する国家間の相互の義務とを区別しつつ、 前者を次のようなものと説明する。 すなわち 「現代の国際法においては、 侵略行為及び大量虐殺を違法とされ、 また、 奴隷制度及び人種差別からの保護を含む、 基本的人権に関する諸々の原則及び規則などである。 これらの法益のいくつかは、 一般国際法に容れられている (大量虐殺犯罪の禁止及び処罰に関する条約の留保)。 他のものは、 普遍的ないし準普遍的な国際文書によって認められている」。 See ibid., 3 paras 33-34.

(47) I Brownlie, International Law and the Use of Force (Oxford: OUP) 1963, 152-153; I Brownlie, System of the Law of Nations: State Responsibility (Oxford: OUP) 1983, 22; J Weiler, A Cassese and M Spinedi (eds.), International Crimes of State: A Critical Analysis of the ILC's Draft Article 19 on State Responsibility (Berlin: Walter de Gryter) 1989.

(48) 国連憲章七章の下で活動する安全保障理事会は、 決議八二二及び九五五において、 人道法に対する違反は 「国際平和と安全保障の脅威」 であり、 犯罪者を訴追することは国際平和の復興となる旨を決定した。 See D McGoldrick and C Warbrick, "International Criminal Law" 44 International and Comparative Law Quarterly (1995), 466-479.

(49) P Birnie, "International Environmental Law Its adequacy for Present and Future Needs" in A Hurrell and B Kingsbury (eds.), supra n. 36, 81-82.

(50) Ibid., 82.

(51) See generally P Rowe (ed.), The Gulf War 1990-91 in International and English Law 1991 (London: Routledge) 1993.

(52) South West Africa Cases, ICJ Reports 1966, 6; for commentaries see R Higgins, "The International Court and South West Africa: The implications of the Judgment" 42 International Affairs (1966) 573-599; R Falk, "South-West Africa Cases: An Appraisal" 21 International Organisation (1967) 1-23; A Gross, "The South West Africa Cases: What happened" 45 Foreign Affairs (1966) 36-48; B Cheng, "The 1966 South-West Africa Judgment of the World Court" Current Legal Problem (1967) 181-212.

(53) ICJ Reports 1975, 12; 59 ILR 30; T Franck, "The Stealing of the Sahara" 70 American Journal of International Law (1976), 694-721.

(54) Anghie, supra n. 15; Sands, supra n.15.

(55) 「天然資源の利用の容易化を求める国家の増大しつつある要求及び需要は、 有限であってむしろ減少しつつある資源との争いであり、 国家間の緊張と抵触の理由となっている」。 P Sands, "Enforcing Environmental Security" in P Sands (ed.), Greening International Law (London: Earth Scan Publications) 1993, 50-64, 51.

(56) See generally Boyle and Anderson, supra n. 40.

(57) Fitzmaurice, supra n. 2, 293.

(58) Certain Phosphate Lands in Nauru (Nauru v Australia), ICJ Reports 1992, 240.

(59) See A D'Amato, E Brown Weiss and L Gundling, "Agora: What Obligations Does Our generation owe to the Next" 84 American Journal of International Law (1990) 190-212; 「この地球環境は、 生命の維持を可能とする環境を有する、 太陽系における唯一の惑星である。 世界のリーダーとしての我々の神聖な義務は、 この貴重な遺産を守り、 我々の子及び孫に環境を伝達し、 我々が享受したのと同様の完全な生活を彼らが享受できるようにすることである」。 British Prime Minister Tony Blair at UN New York summit cited in Times 24 June, 1997.

(60) CSCE Helsinki Decisions, 35 ILM 1992, 1385; A de Zayas, "The International Judicial Protection of Peoples and Minorities" in C Brolmann, R Lefeber and M Zieck, Peoples and Minorities in International Law (Dordrecht: M. Nijhoff) 1993, 253-287, 282; A Bloed, "The OSCE and the issue of National Minorities" in A Phillips and A Rosas (eds.), Universal Minority Rights (Abo Akademi/ MRG: Turku/ Abo and London) 1995, 113-122, 116.

(61) See the UN Chronicle, March 1994; A Clapham, "Creating the High Commissioner for Human Rights: The Outside Story" 5 European Journal of International Law (1994), 556-568; G Alfredsson, "Minority Right: A Summary of Existing Practice" in A Phillips and A Rosas (eds.), supra n. 59, 77-86.