教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 西村 真実
氏名(カナ) ニシムラ マミ
氏名(英字) NISHIMURA MAMI
学部・学科 現代生活学部こども学科
職名 准教授
出身学校・専攻 兵庫県立姫路短期大学 幼児教育学科 卒業
出身大学院・研究科 大阪市立大学 大学院 生活科学研究科 前期博士課程 生活科学専攻 修了
学位・資格 修士(学術)
本学での担当科目 保育内容(人間関係)、保育所実習
研究内容 【保育学】
保育士の専門性の明確化にあたり、3歳未満児を対象とした保育実践に用いられる保育技術に焦点を当て、それらの体系化に関する研究を行っています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=989002
ひとことメッセージ ここで学ぶ知識と技術は、子どもの育ちを支え る力となります。共に保育を見つめ、学びあい ましょう。

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
社会福祉用語辞典第4版 編集代表:山縣文治・柏女霊峰 ミネルヴァ書房 20040430 共著 p.114、p.269、p.321 項目担当 「作業定義」「作業仮説」「特定保育事業」「保育ママ」。 社会福祉が大きく再構築される中、社会福祉基礎構造改革をはじめ、次世代育成支援対策推進法の制定などの動向を踏まえ、学生から行政、実務担当者まで活用しうる有益で利用可能性の高い辞典として作成された。
保育用語辞典第3版 編者:森上史朗・柏女霊峰 ミネルヴァ書房 20040515 共著 p.38 項目担当 「特定保育事業」 近年の動向を踏まえ、保育について用いられる用語の明確な概念規定や解説を行うことで、その理解の一助とし、保育学習や実践の場で、それらの総合的理解が図られながら活用されうる辞典として作成された。
よくわかる社会福祉第3版 編者:山縣文治・岡田忠克 ミネルヴァ書房 20050405 共著 p.128-129、p.134-p.137 項目担当 Ⅷ-4「2000年以降の児童福祉法改正」、Ⅷ-7「次世代育成支援と子ども・子育て応援プラン」。 社会福祉の初学者対象とし、社会福祉を学ぶ際にポイントとなる項目を解説し、全体で社会福祉の大枠を理解できるよう編集された教科書。
よくわかる子ども家庭福祉第3版 編者:山縣文治 ミネルヴァ書房 20050405 共著 p.24-27 項目担当 Ⅱ-5「子ども・子育て応援プランの背景と内容」。 子ども家庭福祉の初学者対象とし、子ども家庭福祉を学ぶ際にポイントとなる項目を解説し、全体で社会福祉の大枠を理解できるよう編集された教科書。
よくわかる家族援助論 編者:橋本真紀、山縣文治 ミネルヴァ書房 20070415 共著 p.104-105、p.106-109、p.110-111、p.124-125 項目担当Ⅶ1-3、7「保育所・幼稚園における家族援助の姿勢」、「保育所・幼稚園における家族援助の方法」、「保育所・幼稚園における家族援助の手段」、「家族援助という視点からの保育業務の再検討」 近年、子育て支援を担う保育士養成の必修科目として位置づけられた「家族援助論」を体系的に学び、保育士の役割をより明確に理解するために活用されるテキストとして作成された教科書。
保育パワーアップ講座 編者:安梅勅江 日本小児医事出版社 20071025 共著 p.27-29、p.31-33、p.34 項目担当第3章1-3。「気になる子ども評価ツールの考え方」、「気になる子ども評価ツールのチェックポイント」、「気になる子ども評価ツールの活用法」 根拠に基づく保育を実践する上で、評価ツールは不可欠となる。保育を評価するためのツールの必要性とその利用について、解説を行い、保育の質の向上に向けた実践者を育成することを目的に作成された教科書。ここでは近年注目される発達障害を持つ子どもに焦点をあて、保育現場において気になる子どもをどのような視点から評価し、支援が必要だと判断するために用いる評価ツールについての解説を行った。
事例でわかる 保育所保育指針幼稚園教育要領-保育実践への具体的な活かし方- 編著:柏女霊峰・橋本真紀/無藤隆・神長美津子 第一法規 20090300 共著 p.24-40 保育所保育指針第2編事例と解説保育実践への具体的な展開・第3章「保育の内容」の理解と実践。改定保育所保育指針第3章のポイントについて、事例を提示しながら解説を行った。
社会福祉援助技術・保育者としての家族支援 編著:柏女霊峰、伊藤嘉余子 樹村房 20090400 共著 p.147-166. 7章「保育士としての専門性と社会福祉援助技術」社会福祉専門職の一端を担う保育士に求められる価値・倫理および、それらに則って行う保護者支援業務の実際について論述。保育所保育指針の改定を受け、今日の保育士に求められる援助業務に関する知識を体系的に学ぶために作成された教科書。
障害児保育の理論と実践―インクルーシブ保育の実現に向けて 編者:堀智晴他 ミネルヴァ書房 20100300 共著 執筆担当 第6章保育所における保護者との連携 障害児保育の実施にあたって、必要となる保護者との連携について、改定保育所保育指針の趣旨および改定点を踏まえて論述したもの。
保護者支援スキルアップ講座 保育者の専門性を生かした保護者支援 監修:柏女霊峰、編集:橋本真紀、西村真実。 ひかりのくに 20100500 編者 (編集および執筆)保育士の専門性を基盤とした保護者支援の技術について、2008年度―21年度にひかりのくに月刊誌保育とカリキュラム連載内容に加筆、修正を加えた。次年度から保育士養成の新規必修科目となる保育相談支援のテキストもしくはサブテキストとして使用されることを視野に入れて編集された。
よくわかる家庭支援論 編者:橋本真紀、山縣文治 ミネルヴァ書房 20110300 共著 p.36-37、p.42-43、p.44-45、p.46-49、p.50-52、p.64-65 保育士養成課程の改定に合わせて、「よくわかる家族援助論」に加筆修正を加え再構成したテキスト。 執筆部分:「保育所保育指針と幼稚園教育要領における家庭支援」、Ⅲ5「家庭支援における保育士の姿勢」、Ⅶ1-3、7「保育所・幼稚園における家族援助の姿勢」、「保育所・幼稚園における家族援助の方法」、「保育所・幼稚園における家族援助の手段」、「家族援助という視点からの保育業務の再検討」 総頁204頁
保育相談支援 編著:柏女霊峰、橋本真紀 ミネルヴァ書房 20110300 共著 p.85-113. 2011年度より保育士養成課程に必修科目として位置づけられた新規科目である保育相談支援のモデルテキストとして作成された。担当章では保育所入所児童の保護者支援について、具体的な事例を挙げながら場面や手段、評価について解説を行う。さらに特別な対応を必要とする家庭に対する支援についても具体的に言及した。 執筆部分:第5章保育所入所児童の保護者への保育相談支援 総頁169頁

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
保育所における地域子育て支援事業の今後の展開と現代の保育所像(修士論文) 単著 大阪市立大学大学院 20050200 エンゼルプラン策定以降、保育所においても地域子育て支援事業の展開が求められる。従来からの保育機能に加え、地域子育て支援事業を実施している保育所の現状から、その特性をふまえ、現代の保育所像について考察を行った。
保育所併設型地域子育て支援センターの現状と課題 -A県下の地域子育て支援センター職員と地域活動事業担当者、保育所保育従事者との比較調査から- 共著 保育学研究 第43巻 第1号2005年 76 89 20050800 地域子育て支援センター事業の展開とともに派生してきた問題の要因の一つを、センター職員に求められる知識・技術と、実際に職員(保育士)が有する経験・知識との齟齬という点から、地域子育て支援センターにおける活動内容等について検討。地域子育て支援センターの現状と今後の事業展開の課題が明らかにされた。 著者:橋本真紀、扇田朋子、多田みゆき、藤井豊子、西村真実。
保育所における地域子育て支援事業の今後の展開に関する考察Ⅰ 単著 奈良佐保短期大学研究紀要 第13号 9 18 20060300 保育所は今日、地域子育て支援事業に貢献する役割を期待されている。その代表的なものは地域子育て支援センター事業が挙げられるが、多くの保育所では、この事業指定を受けないで、地域子育て支援を実施している。そういった保育所で実際に行われている活動の特徴を明らかにし、今後の課題について考察を行った。
子どもの発達の全国調査に基づく園児用発達チェックリストの開発に関する研究 共著 厚生の指標 36 47 20070100 全国の保育園児の発達状態について実態を調査し、それに基づいた園児用発達チェックリストの開発を目的とする。全ての項目について、私案の序列に沿った形で10パーセンタイル値、50パーセンタイル値、90パーセンタイル値が抽出され、基準月齢においても10〜90パーセンタイル値が確認された。信頼性は各項目で82.5%〜97.9%であり、この園児用発達チェックリストの妥当性が示された。 著者:安梅勅江、篠原亮次、杉澤悠圭、丸山昭子、田中裕、酒井初恵、宮崎勝宣、西村真実。
延長型学童保育ニーズ実態と課題に関する研究 共著 日本保健福祉学会誌 第13巻 第2号 19 27 20070300 長時間保育園利用者の就学後調査から、就学後における現状とニーズを明らかにすることを目的とする。調査結果の分析から、保護者の抱く現実的ニーズから3つの課題を導き、明らかにした。 著者:西村真実、田中裕、酒井初恵、宮崎勝宣、篠原亮次、杉澤悠圭、丸山昭子、安梅勅江。
就学前後期における就労支援サービスの現状についての考察 単著 奈良佐保短期大学研究紀要 第14号 45 54 20070300 長時間保育が一般化する現在、就学前期の就労支援サービスは充実が図られてきたが、就学後の就労支援は、まだまだ十分であるとは言い難い。本稿では、長時間保育園利用者の就学後調査結果のうち、特に経済的負担に関する項目の内容分析から保護者の抱く現実的ニーズを明らかにし、具体的な課題を挙げ考察を行い、就労支援サービスにおいて特に就学後における現状とニーズを明らかにした。
地域子育て支援の推進にかかわる住民主体活動の果たす役割に関する研究 共著 大阪市立大学社会福祉学研究室 p.5-10、p.100-101 20070301 2005年度文部科学研究(主任研究者・大阪市立大学教授山縣文治)。地域子育て支援の推進にかかわる住民地域主体活動のうち、子育てネットワーク活動に焦点を当て、さまざまな用途で用いられる「子育てネットワーク」活動の概念整理および幾つかに類型化されるそれぞれの活動特性を明らかにし、整理を行った。 主任研究者:山縣文治 研究協力者:相戸晴子、越智紀子、近棟健二、橋本真紀、金山千広、中谷奈津子、西村真実、辻宣江
子育てネットワークと行政との関係に関する研究-エンパワーメントプロセスからの分析 共著 厚生の指標 16 23 20080215 行政が子育て支援を積極的に展開する上で、地域内の他機関連携が非常に重要とされる。NPOやサークルに代表される子育てネットワークは子育て支援を担う重要な社会資源である。これら子育てネットワークの全国調査結果から、特に行政との協働関係について、エンパワーメントプロセスに沿って分析を行った結果、その現状と課題について明らかにした。 著者:中谷奈津子、橋本真紀、西村真実。
保育士養成の今日的課題1-保育士養成課程在学生の抱く保育士像からの一考察- 単著 大阪成蹊短期大学紀要 (5) 57 65 20080300 学生のイメージする保育士像から、学生の構えを捉え、保育士に求められる役割や実践力の涵養に必要な教科内容との乖離について考察を行った。特に保護者支援に関しては、保育士に強く求められる業務であるにもかかわらず、学生はネガティブなイメージを抱いており、保護者支援の手法や理論を明確化し、それらに関する教授内容に反映することが喫緊の課題と考えられた。
保育士養成の今日的課題2-保育実習終了後の学生の抱く保育概念からの一考察- 単著 大阪成蹊短期大学紀要 (6) 59 67 20090300 保育実習を終了した学生が抱く保育概念から、内容の類似性による分類を行い、保育の全体構造について試論を試みた。引き続き、仮説検証に向けた研究の推進が求められる。
保育指導技術の体系化に関する研究報告書 共著 財団法人こども未来財団 p.3-7、p.35-37、p.64-69、p.80-82 20090301 2009年度こども未来財団児童関連サービス調査研究事業(主任研究者・柏女霊峰)。共同研究者。保育士資格の国家資格化後、児童福祉法上に規定された保育士の業務である保育指導(保護者支援)について、保育指導技術という側面から体系化を試みる研究。 主任研究者・柏女霊峰 分担研究者:橋本真紀、西村真実、高山静子 研究協力者:小清水奈央、山川美恵子
保育士の「やる気」の維持・継続性に関する調査研究報告書 共著 財団法人こども未来財団 p.80-84 20090301 2009年度こども未来財団児童関連サービス調査研究事業(主任研究者・埋橋玲子)。保育の質の向上には、保育実践者である保育士のやる気が大いに影響する。質の高い保育の実現のために、保育士のやる気に影響する要因や阻害要因を明らかにし、それらの評価を行うスケールの開発までを視野に入れた調査研究。 主任研究者:埋橋玲子 分担研究者:清水益治、西村真実
児童福祉施設における保育士の保育相談支援(保育指導)技術の体系化に関する研究(1)-保育所保育士の技術の把握と施設保育士の保護者支援- 共著 日本子ども家庭総合研究所紀要  第46集 p.33-41、p.57 20100300 研究1:保育技術の活用実態に関する研究をチーフとして担当。保育所保育士による保護者支援の際に用いられる保育技術を抽出し、整理を行った。保育所保育士の保護者支援においては、生活援助の技術や関係構築の技術が多用されておいること、および活用される保育技術を整理し、保育技術の体系の一部を試案として示した。p.31-84 主任研究者:柏女霊峰 研究担当者:有村大志 研究協力者:板倉孝枝、橋本真紀、伊藤嘉余子、西村真実、小清水奈央、山川美恵子、高山静子、天野珠路
「乳児保育」教授内容についてのテキスト項目の検討 単著 大阪成蹊短期大学紀要 (7) 20100300 保育士固有の業務である乳児保育について現在の教授内容をテキスト目次から分析し、現状の把握および課題について言及した。
乳児保育における保育技術の体系化に関する研究 共著 財団法人こども未来財団 p.1-101、p.108-126 20110300 2010年度児童関連サービス調査研究等事業。 保育士の専門性の構成要素である保育技術を明確化することを目的とし、3歳未満児の保育場面観察から保育士の技術を抽出し、内容の類似性に基づいて類型化を行った。その結果、6つの類型とそれぞれに属する合計30の保育技術と68の下位項目を把握した。さらに、保育士の援助には言語的援助、動作的援助、視覚的援助の3つの類型があると考察された。 主任研究者:西村真実 分担研究者:鎮朋子、山川美恵子、水枝谷奈央
保育士の専門的技術の体系化に関する研究 共著 財団法人こども未来財団 20120300 2011年度児童関連サービス調査研究等事業。 前年度に実施した「乳児保育における保育技術の体系化に関する研究」の継続研究として実施。保育士の専門性の構成要素である保育技術を明確化することを目的とし、私立保育所における3歳未満児の保育場面観察から保育士の技術を抽出し、内容の類似性に基づいて類型化を行った。その結果7つの保育技術類型と、それらに属する39の保育技術および84の下位項目が明らかになった。保育技術には、それぞれに共通する4群があり、その4群はさらに2系統に類別された。 主任研究者:西村真実 分担研究者:鎮朋子、水枝谷奈央 研究協力者:土田珠紀、増田まゆみ
西宮市公立保育所における保育評価指標乳児保育版 共著 西宮市受託研究 20120300 西宮市受託研究「西宮市公立保育所における保育サービス評価指標とシステムの検討」によって作成した、西宮市公立保育所保育士が自己評価に用いる保育評価指標の乳児保育版。本指標は、保育実践場面の観察と所長・副所長へのヒアリングおよび保育実践者の記述から西宮市公立保育所の独自性を重視し、作成したものである。
1歳児の保育における保育技術の活用傾向 西村真実 単著 帝塚山大学現代生活学部紀要 帝塚山大学現代生活学部 第10号 149 158 201402

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
保育所併設型地域子育て支援センターの現状と課題〜A県下の地域子育て支援センター職員と地域活動事業担当者、保育所保育従事者との比較調査から〜 共同発表 日本保育学会第57回大会課題研究委員会企画シンポジウム 20040516 地域子育て支援センター事業の展開とともに派生してきた問題の要因の一つを、センター職員に求められる知識・技術と、実際に職員(保育士)が有する経験・知識との齟齬という点から、地域子育て支援センターにおける活動内容等について検討。地域子育て支援センターの現状と今後の事業展開の課題が明らかにされた。
子育てネットワーク実態調査報告Ⅰ〜子育てネットワークの活動内容の実態を中心に〜(日本保育学会第59回大会) 共同発表 日本保育学会第59回大会 20060520 「子育てネットワーク」は全国的に展開され、また今後の子育て支援事業の展開において一定の役割を担うと目されているが、実際にその活動形態や内容および特性が把握されているとは言い難く、それらの把握を目的とした調査の結果から、特に活動内容の実態を中心とした報告を行った。
子育てネットワーク実態調査報告Ⅱ〜子育てネットワークと行政との関係を中心に〜(日本保育学会第59回大会) 共同発表 日本保育学会第59回大会 20060520 先述の報告に基づき、「子育てネットワーク」の実践者が捉える「子育てネットワーク活動」と、それら活動におけるエンパワーメントプロセスや市民参加の程度を行政からの援助を視野に入れて報告を行った。
子育てネットワークに関する調査結果報告Ⅰ〜その活動傾向〜(第13回日本子ども社会学会) 共同発表 第13回日本子ども社会学会 20060701 「子育てネットワーク」は全国的に展開され、また今後の子育て支援事業の展開において一定の役割を担うと目されている。現在の実践の中から「子育てネットワーク活動」とは何を指すのかを明らかにするため第一段階として行った全国調査の結果から、それらの特性について報告を行った。
子育てネットワークに関する調査結果報告Ⅱ〜特別なニーズを持つ子どもとそのネットワーク〜(第13回日本子ども社会学会) 共同発表 第13回日本子ども社会学会 20060701 既述の報告から、「特別なニーズを持つ子ども」を対象とする組織と対象としない組織のネットワーク活動に対する指向について報告を行った。
子育てネットワーク組織の特徴Ⅰ―活動内容による類型化― 共同発表 日本保育学会第60回大会 20070519 子育てネットワークと称する組織の全国調査結果をその活動内容から分析を実施し、類型化を行った。その結果現れた各類型の活動特性を明らかにした。
子育てネットワーク組織の特徴Ⅱ―活動類型にみた組織特性― 共同発表 日本保育学会第60回大会 20070519 既述の報告から、子育てネットワーク組織を活動形態から分析を実施し、類型化したそれぞれのグループについて、その組織特性を明らかにした。
幼児期の子育ち環境が学童期の心身の健康に及ぼす影響に関する実証研究 共同発表 日本保育学会第60回大会 20070519 長時間保育を経験した子どもと保護者の追跡調査結果の分析から、乳幼児期に長時間保育を経験した子どもの学童期の発達および心身の状態を把握し、乳幼児期の子育ち環境つまり現在の保育環境に対して課題を提示した
保育の質の向上に向けた現任者研修プログラムの推進Ⅰ 共同発表 全国保育士養成協議会第46回研究大会 20070914 保育の質の向上に向け、現任者のリカレント教育は必須である。保育の質の向上には保育評価が不可欠であり、リカレント教育において保育評価指標を明示し、保育課題を導くことが重要であることを示唆するとともに、現在実施されている保育評価ツールを用いた研修システムを紹介。
保育の質の向上に向けた現任者研修プログラムの推進Ⅱ 共同発表 全国保育士養成協議会第46回研究大会 20070914 既述の報告から、実際に保育評価ツールを用いて行う保育実践を具体的に例示しながら、現状と課題を提示した。
「根拠に基づく保育」の推進に向けた「気になる子」への保育支援プロセス1 共同発表 日本保育学会第61回大会 20080517 保育実践を行う際に明確な根拠を位置づけることが、今後の保育の質の向上を目指す上で、非常に重要である。その根拠を得るための保育評価ツールの開発過程と活用の可能性を提示した。
「根拠に基づく保育」推進に向けた発達・育児環境・保育環境ツールの活用 共同発表 日本保育学会第61回大会 20080517 保育実践を行う際に明確な根拠を位置づけることが、今後の保育の質の向上を目指す上で、非常に重要である。保育評価ツールの活用によって、明確な根拠を得て、より有効に実践に活用することが求められる。ここでは保育評価に用いる3つのツールを提示し、解説を行った。
「根拠に基づく保育」の推進に向けた「気になる子」への保育支援プロセス2 共同発表 日本保育学会第61回大会 20080517 先の発表から、現在、保育現場でも関心の高い「気になる子」の評価ツールとその内容を提示し、今後の活用への課題をあわせて提示した。
「子育てネットワーク」活動における効果と課題-調査票に おける自由記述とインタビュー内容の質的検討 共同発表 第15回日本子ども社会学会大会 20080629 「子育てネットワーク」活動を実施している先駆的事例の実践者への調査(自由記述)とインタビュー調査の結果をKJ法および内容分析を用いて分析し、実践者が実感する効果および課題意識について検討を行った。
保育士養成プロセスに関する一考察-保育実習を終了した学生の抱く保育者像から- 共同発表 全国保育士養成協議会第47回研究大会 20080927 本研究では、2年間の養成期間の中で一定の専門知識を習得し、保育実習を終了した学生が抱く保育士像から、保育概念を導き出す。その上で、保育士の資質の涵養に必要な視座を探りながら、「保育」と「保育指導」を行う専門職である保育士の養成プロセスに関する考察を行った。
保育指導技術の体系化に関する研究1-実践事例の検討- 共同発表 日本保育学会第62回大会 20090516 保育士が行う保護者支援業務である保育指導について、その技術の体系化を図るため、全国調査を実施した。ここでは、回収した調査票の基礎データおよび分析手法についての報告を行った。
保育指導技術の体系化に関する研究1-援助技術の類型化- 共同発表 日本保育学会第62回大会 20090516 既述の調査結果から抽出された結果についての類型化を行った。類型化についての手順、内容、結果について分析とともに報告を行った。
保育士養成における「乳児保育」教授内容の検討-専門性習得に着目して― 共同発表 全国保育士養成協議会第48回研究大会 20090911 保育士の専門性習得に向けた教授内容の検討に当たり、保育士独自の業務である乳児保育に焦点を当て、現行のテキスト内容から教授内容を把握し、その傾向と項目を厚生労働省標準シラバスとの比較において検討を行い、考察を行った。
保育指導における保育技術の活用に関する研究Ⅰ 共同発表 日本保育学会第63回大会 20100523 前年度調査研究で収集した保育指導実践事例から、保育指導で活用される保育技術を把握することを目的として分析を行った。ここでは特に、保育指導における保育技術の活用傾向について報告を行った。
保育指導における保育技術の活用に関する研究Ⅱ 共同発表 日本保育学会第63回大会 20100523 先の報告に続いて、保育指導実践で活用されるより具体的な保育指導技術の把握を目的として行った分析結果から、5つの保育技術内の傾向と保育技術の活用に関わる様態の変化について報告を行った。
乳児保育における保育技術の体系化に関する研究Ⅰ 共同発表 日本保育学会第64回大会 20110522 保育士の固有業務である乳児保育に用いられる専門的技術について体系化を図るため、観察調査を実施した。ここでは、分析手法と結果概要についての報告を行った。 発表者:西村真実、鎮朋子、山川美恵子、水枝谷奈央
保育士養成における乳児保育教授内容についての考察―保育技術に着目して①― 共同発表 全国保育士養成協議会第50回研究大会 20110909 乳児保育における保育技術の体系化試案から、安全確保に関わる技術を焦点化し、その内容と養成課程での教授について考察を行った。 発表者:西村真実、鎮朋子
保育士養成における乳児保育教授内容についての考察―保育技術に着目して②― 共同発表 全国保育士養成協議会第50回研究大会 20110909 乳児保育における保育技術の体系化試案から、安心感の情勢に関わる技術を焦点化し、その内容と類型および養成課程での教授について考察を行った。 発表者:鎮朋子、西村真実
保育相談支援技術に関する研究―動作的援助に着目して― 共同発表 日本保育学会第65回大会 20120504 保育所におけるお迎え場面の観察調査から、生活場面で行われる保育士の保育相談支援の特性を、動作的援助に視点を当て、技術の把握と分析を行った。 発表者:鎮朋子、西村真実、水枝谷奈央、橋本真紀、高山静子、柏女霊峰
乳児保育で活用される保育技術の類型についての考察 共同発表 日本保育学会第65回大会 20120505 乳児保育における保育技術の体系化に関する研究において把握された3つの類型を焦点化し、分析・考察を行った。 発表者:西村真実、鎮朋子、水枝谷奈央、土田珠紀 分科会座長(諏訪きぬ氏)から、日本保育学会研究奨励賞への推薦を受けた。
保育相談支援における展開過程に関する研究 共同発表 日本保育学会第65回大会 20120505 長期的継続的に実施された保育相談支援事例インタビュー調査逐語録を分析し、展開過程の把握を試み、考察を行った。 発表者:水枝谷奈央、橋本真紀、西村真実、高山静子、山川美恵子、柏女霊峰
乳児保育の形態による保育技術の活用傾向 西村真実・鎮朋子・土田珠紀 共同発表 日本保育学会第66回大会 20130512 日本保育学会 中村学園大学
乳児保育の形態による保育技術の活用傾向 共同発表 日本保育学会第65回大会 20130512 乳児保育において用いられる保育技術の活用傾向を、保育形態から分析し、育児担当制とグループ担当制それぞれで把握された特性について考察を行った。 発表者:西村真実、鎮朋子、土田珠紀
ゆるやかな担当制に見る保育技術の活用傾向 西村真実・鎮朋子 共同発表 保育士養成協議会第52回研究大会 20130906 保育士養成協議会 サンポートホール高松 かがわ国際会議場
乳児保育の形態と動作的保育技術の活用1 鎮朋子・西村真実・土田珠紀・水枝谷奈央 共同発表 日本保育学会第67回大会 20140518 日本保育学会 大阪総合保育大学
乳児保育の形態と動作的保育技術の活用2 西村真実・鎮朋子・土田珠紀・水枝谷奈央 共同発表 日本保育学会第67回大会 20140518 日本保育学会 大阪総合保育大学

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20050000 「保育の友」(全国社会福祉協議会発行)「次世代育成支援-各地からの発信」分担連載 9月号、11月号、12月号、2月号
20090000 現在に至る 西宮市保育所設置・運営法人選定委員会委員
20090400 現在に至る 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会日本子ども総合研究所 嘱託研究員
20090400 ひかりのくに保育とカリキュラム「よくわかる子育て支援」企画・編集・執筆(連載)
20090600 木更津市保育協議会主催 保育士研修講師「保育所保育指針解説」
20100000 池田市子ども見守り委員会委員(次世代育成支援計画審議委員)
20100000 現在に至る 西宮市民生委員推薦会委員
20100000 宝塚市私立保育所誘致整備事業法人選定委員会委員・委員長代行
20100100 厚生労働省「児童育成事業推進対策事業」熊本市保育園連盟青年部特別セミナー 分科会講師 「保育課程…発達の連続性の捉え方」
20100900 20101210 終了 西宮市チーム保育所研修「乳児保育について」講師(9月13日、10月23日、12月10日)
20101100 20101124 終了 西宮市厚生員職員研修 「就園前の子どもの育ち」講師(11月17日、11月24日)
20110100 20110221 終了 西宮市立保育所における保育サービス評価についての研修 講師(1月24日、2月21日)
20110200 20110215 終了 西宮市チーム保育所研修「乳児保育について2」講師(2月14日、2月15日)
20110200 西宮市厚生員職員研修 「就園前の子どもの育ち」講師
20110200 20110302 終了 西宮市立大社児童館 地域子育て創生事業・子育て広場事業「育つ子どもと一緒に歩む」講師(2月16日、3月2日)
20110200 20110222 終了 西宮市移動児童館事業・移動児童館子育て広場「育つ子どもと一緒に歩む」講師(2月17日、2月22日)
20110200 20110219 終了 2010年度第3回現代保育研究所研修会 保育士養成課程の改正をうけて―「保育者論」・「保育相談支援」の教授法の基本と具体的展開― 第2分科会「保育相談支援(演習)の教授法」講師
20110500 20110517 終了 西宮市保育所職員専門研修・西宮市保育所保育研究会「0、1、2歳クラスにおける環境と保育士の援助」講師
20110600 20110602 終了 川西市公立保育所職員研修会 講師
20110600 20110617 終了 貝塚市立浜手地区公民館子育て講座ホップステップジャンプ「あそぶことは生きること」子どもの育ちを知る①(6月10日)②(6月17日) 講師
20110600 20110615 終了 日本保育協会 2011年度保育所乳児保育担当者研修会「乳児の心身の発達の理解」、「乳児の発達を踏まえた保育実践」講師
20110600 20110719 終了 西宮市保育所職員専門研修・西宮市保育所保育研究会「0、1、2歳クラスにおける環境と保育士の援助」講師 ①(6月21日)②(7月19日)③(7月5日)④(7月12日)
20110700 20110721 終了 西宮市子育て総合センター子育て講座「育つ子どもと一緒に歩む」講師
20110700 20110728 終了 日本保育協会 2011年度北信越・東海地区保育所主任保育士(初任者指導保育士)研修会「保育所の保育相談支援」講師
20110900 20110902 終了 東大阪市 保育士対象研修会「乳児保育・実践と内容」
20110900 20120126 終了 西宮市公立保育所「保育サービス評価」指標研修 講師(9月28日、10月23日、1月26日)
20111100 20111122 終了 西宮市保育所職員専門研修・西宮市保育所保育研究会「0、1、2歳クラスにおける環境と保育士の援助」講師 ①(11月22日)②(11月4日)③(11月1日)④(11月15日)
20111100 20111117 終了 九州私立保育園連盟 第30回九州私立保育園研究大会北九州大会第2分科会「保育指針に基づく主体的な保育の振り返り」助言者
20120200 20120214 終了 西宮市保育所職員専門研修・西宮市保育所保育研究会 0、1、2歳クラス
20120300 奈良市民間保育所設置等選考審査委員会委員
20120600 20120717 終了 西宮市保育所職員専門研修・西宮市保育所保育研究会 0、1、2歳クラス(6月12日、7月17日)
20120600 20120619 終了 川西市公立保育所職員研修会 講師
20120600 20120615 終了 第2回西宮市スマイル研修「乳児保育における環境と保育士の援助」
20120700 20121102 終了 川西市保育指導専門員(7月24日、9月7日、9月21日、10月12日、11月2日)
20121000 20121109 終了 西宮市保育所職員専門研修・西宮市保育所保育研究会 0,1,2歳クラス(10月26日、11月9日)
20121100 20130115 終了 尼崎市2012年度Cブロック保育所職場研修「乳児保育について」(11月30日、1月15日)
20121100 20121106 終了 川西市保育所職員研修会「子どもの発達を保障した保育」
20121200 20121206 終了 日本保育協会 2012年度保育所主任保育士研修会「子どもの発達を保障した保育」「保育者論」
20130200 20130208 終了 西宮市保育所職員専門研修・西宮市保育所保育研究会 0、1、2歳クラス
20130606 日本保育協会主催 平成26年度保育所乳児保育担当者研修会講師「乳幼児期の心の発達と保育者の役割」
20130903 川西市保育所職員研修会 講師
20131115 伊丹市立保育所実地指導・公開保育研修会講師 
21030719 日本保育協会主催 平成25年度保育所主任保育士研修会講師 「子どもの発達を踏まえた保育実践」「保育者論」

一覧へ戻る