教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 川合 悟
氏名(カナ) カワイ サトル
氏名(英字) KAWAI SATORU
学部・学科 心理学部心理学科
職名 教授
出身学校・専攻 神戸大学 教育学部 中学校教員養成課程 中等教育系体育科 卒業
出身大学院・研究科 中京大学 大学院 体育学研究科研究生
学位・資格 博士(体育学)、介護福祉士
本学での担当科目 知覚心理学特論
研究内容 【行動生理学、知覚心理学、運動生理学、運動制御】
日常生活における人間の行動の仕組みを知覚と運動の両側面からアプロ-チしています。現在、人間が物体をどのように知覚するかについて常識を超えた観点から考察中です。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=671002
ひとことメッセージ 授業は、見えない「心の働き」を実体験することから始まります。

 研究キーワード

研究キーワード
知覚・感覚・感情のしくみ、重さ知覚、運動制御

 研究分野

研究分野
知覚情報処理

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
アドベンチャーカウンセリングの実践、こころのケアとサポート(蓮花一己、三木嘉彦編) 川合悟、小西博嗣 帝塚山大学出版会 20090700 共著 第3章、pp45-72 文科省現代GPの大学教育と地域連携の取り組みにおいて、「いじめのないクラスづくり」を目指し、交野市小学校にアドベンチャーカウンセリングを導入し、その活動記録と教職員および児童の変容を報告した。
Computer Graphic and PHANToM Haptic Displays: Powerful Tools to Understand How Humans Perceive Heaviness: In Haptics Rendering and Applications (A. E. Saddik Ed.) Kawai, S.,MacKenzie, C.L., Faust, P InTec 20120100 共著 第2章、pp25-46 人間の位置、重さ、運動などの感覚を表現できるマンマシンインターフェースの開発を手がける工学者に向けて、知覚心理学の立場から人間の重さ感覚に関する情報処理機構について解説した。(全234ページ)

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
Heaviness perception II. Contributions of object weight, haptic size, and density to the accurate perception of heaviness or lightness. Kawai, S. 単著 Experimental Brain Research Springer 147 1 23 28 200209 研究論文
Heaviness perception I. Constant involvement of haptically perceived size in weight discrimination. Kawai, S. 単著 Experimental Brain Research Springer 147 1 16 22 200209 研究論文
Heaviness Perception III. Weight/aperture in the discernment of heaviness in cubes haptically perceived by thumb-index finger grasp. Kawai, S. 単著 Experimental Brain Research Springer 153 3 289 296 20030700 研究論文 2つの重さモデルを提案し、人間の主観的重さにマッチングするモデル、重量/指幅を見出した。
Heaviness Perception IV. Weight x aperture-1 as a heaviness model in finger-grasp perception. Kawai, S. 単著 Experimental Brain Research Springer 153 3 297 301 20030700 研究論文 物体の重さが、重量だけでなく、立方体を把握したときの指幅の大きさ情報が関与していることを実証した。
A reexamination of the size-weight illusion induced by visual size cues. Kawai, S.,Henigman, F., MacKenzie, C.L., Kuang, A.B., Faust, P.H. 共著 Experimental Brain Research Springer 179 443 456 20070500 研究論文 物体持ち上げ時に視覚から入る大きさ情報が、重さに影響していることをバーチャルリアリティ環境を用いて実証した。

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
運動制御(体育)から運動感覚(心理)へ
from Motor Control to Haptice 
川合悟 第3回健康運動科学懇話会 20130600 健康運動科学懇話会(会長 中谷昭) 帝塚山大学

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本運動生理学会 19820400
日本体育学会 19820400
日本体力医学会 19820400
関西心理学会 20040400
日本応用心理学会 20040400
日本心理学会 20040400
日本介護福祉士会 20060400

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
- 基盤研究(C) 科学研究費 20060000 20070000 川合 悟 物体の重さ知覚および持ち上げ運動における視覚情報の役割 研究代表者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20110428 20140331 川合 悟 物体の持ち上げ時に知覚される重さに関する基礎的研究-慣性力情報の処理機構- 研究代表者
- 基盤研究(C) 科学研究費 19990000 20000000 川合 悟 物体の「重さ」の認知における情報処理機構とその発達について 研究代表者

一覧へ戻る