教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 M. J.シェフナー
氏名(カナ) シェフナー マーク ジョン
氏名(英字) MARC JOHN SHEFFNER
学部・学科 全学教育開発センター
職名 教授
出身学校・専攻 B.A. in Modern Languages (French & German), Oxford University
出身大学院・研究科 M.A. in Modern Languages (French & German), Oxford University
学位・資格 M.A.
本学での担当科目 英語関係科目
研究内容 【英語教育+異文化間コミュニケーション】
言語(英語)教育法、ITを使った英語教育、異文化間コミュニケーション。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=621005
ひとことメッセージ 英語を身につけるためのコツはやさしく+たく さん。やさしい(簡単な)英語をたくさん(量+ 回数)読んだり聞いたりすることが大切です。 中級レベルの能力を目指して、卒業までに英語を身につけましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
異文化間コミュニケーション、自主学習、ドラマ

 著書

タイトル
Using TIES and a blog for an English Writing Class: an experiment using different Learning Management Systems
English Writing I: using TIES and a blog
The Not Doing (Le Non-Faire)

 論文

タイトル
The 2004 Brunets Seminar on Learner Autonomy Report.

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
The Not Doing (Le Non-Faire) 19840300 Arjuna Publications, Paris, France234頁 ISBN 2-88063-007-X (訳書) フランスのパリで合気道と野口聖体を教える津田逸夫が書いた「気」についての英訳 234頁 ISBN 2-88063-007-X
大学で教えない大恐慌・ニュウ―ディール 20150420 共著 大学教育出版。 ISBN978-4-86429-316-7。ロバートP.マーフィー(著)。富田新、山口修、梶本元信、シェフナ(訳)。

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20030000 2003年に地域の人々のために英語でディスカッション出来る場、「FAME FORUM」(フェーム・フォーラム)を作って現在まで運営しています。月1回で、メンバーは20名ぐらいです。

一覧へ戻る