教員紹介データベース


 基本情報


氏名 J.V.バウワー
氏名(カナ) バウワー ジャック ビクター
氏名(英字) JACK VICTOR BOWER
学部・学科 全学教育開発センター
職名 准教授
学位・資格 M.A. (TESOL)、Ph.D.(Linguistics)
本学での担当科目 英語関係科目
研究内容 【語学試験の妥当性、eラーニング、カリキュラム改善】
私の英語教育研究は、第一に外国語教育に使用するテクノロジーに、第二にカリキュラムおよび試験の設計に力点を置いています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2020&k_cd=202304
ひとことメッセージ Practice makes perfect (習うより慣れよ), so let’s practice English a little every day!

 著書

タイトル 担当区分 出版社 出版年月
Critical, constructive assessment of CEFR-informed language teaching in Japan and beyond 共著 Cambridge University Press 201709

 論文

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
The relationship between the use of spaced repetition software with a TOEIC word list and TOEIC score gains 共著 Computer Assisted Language Learning 20160826
Setting and raising standards: the rationale for, and the structure of the Bunkyo English tests 共著 広島文教女子大学紀要 20141225
Using spaced repetition software with a TOEIC wordlist: Preliminary results 共著 広島文教女子大学紀要 20141225
Using online quizzes to encourage and assess extensive reading 単著 広島文教女子大学紀要 20111226
Negotiation of meaning and corrective feedback in Japanese/English eTandem 共著 Language Learning and Technology 201102
全件表示(10件)

 MISC

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
Report on Keynote Speech of The 19th Annual Conference 
of JLTA  A Socio-Cognitive Approach to Assessing Speaking and Writing: GEPT Experience Lecturer
単著 JLTA Newsletter 2016331

 講演・口頭発表等

タイトル 会議名 開催年月日
Suggestions and resources for using the CEFR in language education JALT Nara Event 20191207
Using the ADDIE model to plan and construct a CEFR-based curriculum: Focus on the analysis phase Third Conference on Critical, constructive assessment of CEFR-based language teaching in Japan and beyond 20160326
The relationship between TOEIC word list study with spaced repetition software & TOEIC score gains. Hiroshima JALT 2015 Mini-Conference 20151206
Initial results from an argument-based test validation of CEFR-aligned tests of reading and listening, focusing on the development phase of validation 19th Annual conference of the Japan Language Testing Association 20150905
Equating three in-house achievement tests of English reading and listening at a Japanese university using Rasch common item equating Pacific Rim Objective Measurement Symposium 2015 20150823
全件表示(22件)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本ムードル協会 Moodle Association of Japan 20200214 現在に至る 会員
The CEFR Journal - Research and Practice 20200401 現在に至る Editorial Advisory Board
JALT Testing and Evaluation Special Interest Group 20180401 現在に至る 会員
JALT CEFR and Language Portfolio Special Interest Group 20191103 現在に至る Publications Chair
Japan Language Testing Association 20160401 現在に至る 会員
全件表示(6件)

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
令和2年度科学研究費助成事業研究 基盤研究(C) アクションリサーチの手法を用いた言語教育改善:CEFRの教育理念を参考にして 20200401 20230331 Maria Gabriela Schmidt 日本大学 分担者