教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 隅田 陽介
氏名(カナ) スミタ ヨウスケ
氏名(英字) SUMITA YOSUKE
学部・学科 法学部法学科
職名 講師
学位・資格 法学修士
本学での担当科目 刑法・刑事訴訟法
研究内容 【刑事法】
学生時代から、犯罪対策や犯罪者の処遇に関する学問である刑事政策を中心に勉強しています。現在は、アメリカ合衆国における犯罪被害者の支援・救済に関心を持っています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=162906
ひとことメッセージ 色々なことに関心を持って、幅広い知識を身につけて下さい。

 研究キーワード

研究キーワード
刑法・刑事訴訟法・刑事政策・被害者学

 研究分野

研究分野
刑事法学

 著書

タイトル
『暴力団対策法施行後5年の暴力団対策』
『ホワイトカラー犯罪の法律学―現代社会における信用ある人々の犯罪』

 論文

タイトル
「暴力団犯罪に対する刑事政策的対応」
「暴力団犯罪対策に関する一考察―一連の暴力団対策立法を中心に―」

「組織犯罪による被害者の保護に関する一考察―わが国とアメリカの立法の比較検討―」
「アメリカ犯罪学の基礎研究(45) マーシャル・サービス(United States Marshals Service)」
「アメリカ合衆国における薬物乱用防止教育―DARE (Drug Abuse Resistance Education)を中心として―」
全件表示(30件)

 講演・口頭発表等

タイトル
「刑事手続への被害者の参加―アメリカのVISを中心に」

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本犯罪学会 198905 000000 退会 会員
犯罪と非行に関する全国協議会 198910 000000 退会 会員
日本刑法学会 199005 現在に至る 会員
日本被害者学会 199011 現在に至る 会員
日本刑事政策研究会 199210 現在に至る 会員

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
199704 200103 総務庁青少年対策本部(当時。その後、文部科学省スポーツ・青少年局へ移管)青少年問題ドキュメンテーション協力者
200404 200703 川崎市市民オンブズマン専門調査員
201704 現在に至る 日本被害者学会『被害者学研究』編集委員

 受賞

受賞年月 授与機関 受賞名 概要
199311 日本刑事政策研究会 刑事政策に関する懸賞論文 佳作 本論文は、暴力団犯罪・組織犯罪による被害者の保護対策に関して、わが国の立法とアメリカ合衆国の立法の比較検討を行ったものである。ここでは、特に合衆国の「1970年組織犯罪規制法」に基づく証人保護プログラムを取り上げ、このプログラムでは、犯罪組織による報復行為からの事前の保護に重きが置かれているのではないかとした。一方、わが国においても、いくつかの立法措置は講じられているが、合衆国の法制度と比較すると、必ずしも十分なものとはいえず、今後は、犯罪組織による報復行為から事前に被害者の生命や身体を保護することが重要であるということを指摘した。

一覧へ戻る