教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 橋本 理博
氏名(カナ) ハシモト マサヒロ
氏名(英字) HASHIMOTO MASAHIRO
学部・学科 経済学部経済学科
職名 講師
出身大学院・研究科 名古屋大学大学院 経済学研究科
学位・資格 博士(経済学)
本学での担当科目 西洋経済史
研究内容 【経済史、金融史】
17 〜 18世紀のオランダ金融史、特にアムステルダム銀行の決済システムについて研究しています。歴史的な視点から貨幣や金融に関する問題に取り組んでいます。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=159204
ひとことメッセージ 大きな目標を立て、小さな事を一つずつ積み重ねていきましょう。

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
アムステルダム銀行におけるマーチャント・バンカーの決済傾向――ホープ商会の事例 橋本理博 単著 経済科学 61巻 3号 35 52 201312 本研究は、アムステルダム銀行の主たる口座保有者であったホープ商会が、同行を通じて決済を行った相手やその頻度、決済金額などを明らかにしたものである。
18世紀における国際的決済とアムステルダム銀行 橋本理博 単著 証券経済学会年報(別冊) 49号 201504 本報告論文は、18世紀の国際的決済におけるアムステルダム銀行の意義を、同行の預金通貨の性格に着目しつつ考察したものである。

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
17・18世紀におけるアムステルダム銀行「バンク・マネー」の意義 橋本理博 単著 社会経済史学会第78回全国大会 200909 東洋大学
18世紀後期アムステルダムにおける金融危機とマーチャント・バンカー――アムステルダム銀行の救済機能に関する一考察 橋本理博 単著 政治経済学・経済史学会2010年度秋季学術大会 201011 首都大学東京
アムステルダム銀行と1763年危機 橋本理博 単著 日本金融学会中部部会 201103 中京大学
17世紀オランダにおける振替銀行設立とイマジナリー・マネー 橋本理博 単著 日本金融学会2012年度全国大会 201205 立正大学
アムステルダム銀行の決済システム――17・18世紀における「バンク・マネー」の意義 橋本理博 単著 名古屋大学大学院経済学研究科課題設定型ワークショップ(社会経済研究) 201307 名古屋大学
17・18世紀アムステルダムにおける引受金融の展開と振替銀行 橋本理博 単著 経営史学会第58回中部ワークショップ 201312 愛知大学
アムステルダム銀行における預金通貨決済の実態とその意義 橋本理博 単著 神戸大学経済経営研究所RIEBセミナー 201409 神戸大学
18世紀における国際的決済とアムステルダム銀行 橋本理博 単著 証券経済学会中部部会 201502 日本証券業協会

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
社会経済史学会 200904 現在に至る 会員
政治経済学・経済史学会 201004 現在に至る 会員
日本金融学会 201009 現在に至る 会員

一覧へ戻る