教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 関 智子
氏名(カナ) セキ トモコ
氏名(英字) SEKI TOMOKO
学部・学科 全学教育開発センター
職名 講師
学位・資格 体験教育修士M.S.
本学での担当科目 アドベンチャーカウンセリング
研究内容 【アドベンチャー教育、体験教育】
体験教育とアドベンチャー教育の考え方と手法を用いて、個々の成長と集団の成長を支援しています。体験の複合的な力、特に心理的な力について探求しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=144509
ひとことメッセージ 体験を通して、頭/心/体を動かして一緒に学びましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
体験教育、経験教育、アドベンチャー教育、アドベンチャーベースドカウンセリング、リーダーシップ、ファシリテーター、社会的・感情的な学び(SEL)

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
グループのちからを生かす 株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン CSL学習評価研究所出版 2005 分担執筆 Part 4目標設定、Part 5体験から学ぶということ アドベンチャー教育の一つである、プロジェクトアドベンチャーの手法を教育支援者向けに分かりやすく解説し、グループの力を生かすための活動集を収録した本。

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
プロジェクトアドベンチャーの手法を用いたグループアプローチ 徳山美智代(静岡福祉大学)、菊池春樹(東京成徳大学)、惠勇太(児童養護施設双葉園) JaSCAN日本子ども虐待防止学会 19回学術集会信州大会 20131213 (一般社団法人) JaSPCAN日本子ども虐待防止学会 長野県松本市 教育研修プログラム
今さら聞けない…アドベンチャ―教育・体験教育研究の基本 関智子 玉川大学TAPセンター開設記念シンポジウム
『K-16におけるアドベンチャ―教育の現在と未来』
201603 玉川大学TAPセンター 東京都町田市玉川学園 アドベンチャ―教育・体験教育を研究する場合に役立つ国内外の専門誌・学会の情報共有
Adventure Education 'Here' and 'Now' and 'Then' in Japan Tomoko Seki, Katsumi Namba 44th Annual AEE International Conference 20161027 AEE (Association for Experiential Education) Minneapolis, Minnesota USA 日本を初め様々な国(文化)での、アドベンチャー教育・アプローチの発展の状況を共有・討議し、将来について展望する

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
Association for Experiential Education individual member
Association for Challenge Course Technology individual member
日本教育心理学会 201508 現在に至る 会員
日本野外教育学会 20170531 現在に至る

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
199904 200003 終了 宮城アドベンチャープログラム(MAP)普及講師:宮城県教育委員会の学校種を超えた体験教育(不登校のない仲間作り)プロジェクトMAPの普及。1年間で累計2,000名の教員と生徒に指導。
2006 現在に至る (公益財団法人)IATSSフォーラム合宿チームビルディング:講師。ASEAN諸国から集まった若手リーダーのためのリーダーシップ研修にて、目標設定なども含めたプログラムを指導。
200807 201307 終了 新潟県高等学校初任者宿泊研修:初任教員のための、体験的な手法を用いた社会的・感情的学び(SEL)のワークショップ
2012 2014 終了 学校ファシリテーションラボ:学校教育関係者のためのワークショップ。体験的な学びのファシリテーターとしての実践と研究の時間。2012年より、年1〜2回開催。
2013 現在に至る 教員免許更新講習講師:(担当)体験教育を生かした学級作り。主催:国立妙高青少年自然の家
20160806 20160806 終了 『登山の意義とは』(平成28年度全国高等学校総合体育大会登山大会参加者および引率者の交流) 講演

一覧へ戻る