教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 和田 公子
氏名(カナ) ワダキミコ 
氏名(英字) KIMIKO-WADA
出身学校・専攻 大阪基督教短期大学 初等教育科
学位・資格 幼稚園教諭1種免許状 保育士資格
本学での担当科目 教職実践演習
研究内容 幼児教育全般、子育て支援
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=139807
ひとことメッセージ 子どもに温かいまなざしを向け、子どもの人権を守れる保育者養成を目指しています

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
「保育実践知」教育プログラム開発に関する研究(2)
―「保育(環境)」における3つの学びの往還と実践的学習の工夫
和田公子、松本しのぶ 共著 奈良佐保短期大学研究紀要 奈良佐保短期大学 16号 200903 「保育実践知」教育プログラムの一環として行った保育「環境」の授業における学生の学びを〈見る・とりこむ〉〈行動する・つくりだす〉〈ふりかえる〉の各学びに即した実践場面から学習の工夫を試みた。

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
「海遊館」物語受容と再構築 ―「結果まね」から「原因まね」へ③ 201105 共著 日本保育学会64回 遊びにおける模倣の意義と危うさを認識し、その実態を理解しつつ遊びの中で手本を生み出す「原因まね」の模倣を経験できるように柔軟に援助することが必要であり、このことを「海遊館」物語受容と再構築(遊び)について摸倣に焦点をあてて分析した。
保育の質を高める一方法〜実践記録から“私”の保育を振り返る〜 201203 共著 奈良佐保短期大学研究紀要 複合的な要因による保育者の心の揺れが、子ども理解を歪めながらも省察を重ねることで“私“の変容の過程を追った事例と、保育実践の中で出会う偶然の出来事を楽しむことで保育が豊かになる事例から保育の質について分析を試みた。
「忍者」物語受容と再構築ー「結果まね」から「原因まね」へー 201203 共著 日本保育学会第65回 「忍者」物語の再構築(遊び)から「原因まね」を支える保育者の援助として、子どもの存在を「模倣する存在」とすることと、模倣の対象や眼前の状況を柔軟に変換する援助が求められることを考察・分析した。
「なる」ことの意味ー子ども・保育者の視点からー 201505 共著 日本保育学会第68回 「模倣する存在」である子どもが、その時々に関心を寄せる対象は、発達の契機とつながる根源的な存在の問いであることから、保育者はそれに関心を寄せ個々の「なる」ことの意味を探求する必要があると同時になりたい対象を広げる援助も求められるなど、質の高い保育者の視点を追求した。

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本保育学会 200904 現在に至る

一覧へ戻る