研究・社会貢献|社会人の学び直し

ホーム の中の 研究・社会貢献 の中の 社会人の学び直し の中の 英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム の中の カリキュラム

本文印刷


カリキュラム

3つの科目群からなる9科目を週10時間、合計120時間のカリキュラムとして開講

英語による奈良観光ガイドのスペシャリスト

「観光英語研究A」

帝塚山大学人文学部教授 小坂 幸三

観光英語研究A

本授業の眼目は、英語力の再強化を図るために、発音、聴解能力の向上、文法事項の確認、構文の把握、SHADOWINGのテクニックなどを使って英語発信力の向上を目指す。さらに観光英語のテクニカルな用語や表現法を学び、実践にそなえる。

「観光英語研究B」

帝塚山大学人文学部教授 小坂 幸三

本授業はTime, Newsweekを教材として毎週、担当者がタイムリーな記事を提示して、次週までに受講者が教材を十分に読み込んでくる。記事の文化的、社会的背景までも理解しながら、教材の精読とディスカッションを行うことによって高度な英語力を養成する。Newsweek, Time の最新版を教材として使用する。

「日本文化史」

帝塚山大学 非常勤講師 甲斐 弓子

「英語による奈良観光ガイド」を目指される皆様が、すでに熟知しておられる日本の文化を思い起こして頂くのが「日本文化史」の講義です。懐かしい日本、当たり前と考えている日本を、言葉で外国の方に紹介して頂く事を目的とします。英語による観光ガイドも、人と人のコミュニケーションの上に築かれているものです。話題の探し方、皆様ご自身の外への発信材料の提供に役立てていただければ嬉しく思います。
12回の講義を通じ、外国の人から見る「不思議の国ニッポン」の視点から日本文化史を進めて参ります。目指せ奈良(日本)観光ガイド!

Japanese Cultural History

講師 久下 みづき 高橋 洋子

私たちにとっては当たり前の事や景色が、外国からの観光客には、とても新鮮で不思議に写っていることが多いもの。そして、そういう事柄がうまく説明できないことがあるでしょう。本授業では、日本を観光する上で欠かせない寺社仏閣や伝統芸能、日本の四季折々の行事など、特に奈良と関わりが深いものを中心に、英語で説明できることを目指します。

English Communication A

 帝塚山大学人文学部教授 Rodney Dunham

Subtitled Input and Ideas, the first hour will be spent looking at 4 headlines from an English-language newspaper. What are the English expressions and vocabulary in the headlines? What are the news events issues and what is a good way to explain them in English?  Following that, we will listen to a song while filling in the blanks.  Then we will talk about the English expressions and vocabulary in the song, as well as any issues or cultural considerations.

English Communication B

 帝塚山大学人文学部教授 Rodney Dunham

Subtitled Output and Interaction, we will spend the second hour doing various speaking activities. Those activities include discussion and simple debate, planning various types of tours, imagining and practicing tour-related conversations, try various voice exercises, and practice various gestures. About half of the activities are quite structured and the other are more open.

「奈良学」

帝塚山大学非常勤講師 中田 紀子

奈良・大和は日本列島の中での一地方ですが、古代史のうえでは、日本そのものといえるでしょう。鳥の目のように、俯瞰した観察をし、考察を加えながら、一方では蟻の目で森の中に分け入り、洞察するというのが本来の奈良学の姿なのかもしれません。
本講座では、飛鳥時代以降現在に至るまでを、一般の歴史常識を踏まえながら、ある時には謎解きをし、講師が取材し、見聞きした内容を加味しながら、講義をすすめます。

「Nara Studiesおよび奈良観光総合演習」

Nara Studies 講師 寺門 由美子
奈良観光総合演習 講師 寺門 由美子
柴田 すみ枝

Nara Studiesおよび奈良観光総合演習

Nara Studiesおよび奈良観光総合演習は、関連した内容となっています。
Nara Studiesでは、教室内で講義を聞き、総合演習ではその講義内容を実地でのガイディングを通して学ぶようになっています。
1回目から8回目までは、講師が実地で説明する内容を聞くことになりますが、9回目から12回目までは受講生の皆さんに実際に説明していただくことを考えています。

  • 1.依水園 東大寺(南大門、大仏殿)
  • 2.正倉院(二月堂、三月堂)
  • 3.薬師寺
  • 4.猿沢池、興福寺
  • 5.唐招提寺
  • 6.春日大社
  • 7. 法隆寺
  • 8. 奈良町
  • 9. 東大寺
  • 10. 薬師寺/唐招提寺
  • 11. 春日大社/興福寺
  • 12. 法隆寺
入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA