研究・社会貢献|公開講座

ホーム の中の 研究・社会貢献 の中の 公開講座 の中の 開催済み講座一覧

本文印刷


公開講座

開催済み講座一覧 2014年

公開講座TOPへ戻る

日程 11月23日(日・祝)~12月19日(金) ※ただし、11月23日以外の日曜日は休館。11月24日(月・休)は公開講座のため10:00-13:00のみ。
時間 10:00~16:00
講師 なし
日程 11月24日(月・休)
時間 14:30~16:00(受付は14:00から) 展示解説は、16:10~(解散自由)
講師 清水 婦久子(帝塚山大学 文学部 教授)
講座概要 ※講演をお楽しみいただくとともに、開催中の貴重書展示を閲覧し、講師による特別解説が受けられます。
※受講者には、お飲み物とグッズの特典つき。

~~~講演要旨~~~ 「源氏物語は誰のために書かれたのでしょうか?」 12月には、こんな問いかけが、近鉄電車のドア横に貼り出されます。その問いも答えも、実は奈良で長年、源氏物語を研究し教えてきたことから出てきたものです。 生駒山を臨む本学の立地は、源氏物語について多くのことに気づかせてくれました。 本講座では、「源氏物語千年紀展」に出品した数々の貴重資料を展示し、その解説とともに、源氏物語の成立に関する目からウロコのお話をお楽しみいただきます。
日程 12月10日(水)
時間 18:30~20:00
講師 寺島実郎 氏(帝塚山大学特別客員教授)
講座概要 寺島実郎 氏による特別公開講座 「2015年への展望-世界の変化と日本」 【寺島実郎 氏プロフィール】 帝塚山大学特別客員教授・(一財)日本総合研究所理事長 1947年北海道生まれ。 早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、三井物産入社。 米国三井物産ワシントン事務所長、三井物産常務執行役員等を歴任。 現在、文部科学省グローバル人材育成推進事業プログラム、及び大学の世界展開力強化事業プログラム委員会各委員、国土交通省 国土審議会計画部会委員等兼務。 近著に『若き日本の肖像-一九〇〇年欧州への旅』 『リベラル再生の基軸-脳力のレッスンIV』 他多数。
日程 11月3日(月・祝)
時間 14:00~16:30 (受付:13:30~)
講師 牟田口章人(帝塚山大学 文学部教授)
講座概要 第66回正倉院展開催に際し、一般市民の方々や大学で就学を希望する中高生の皆さんにもその内容をより深く理解していただくため、奈良県新公会堂にて特別公開講座を開催いたします。催し当日の午前に朝日放送で放映を予定している正倉院特別番組は、本学文学部文化創造学科の牟田口章人教授が朝日放送在任当時、4年間に亘って取材を続けて来た正倉院校倉修理記録を中心に制作されたものです。そこで、講演内容も本番組の内容を牟田口教授により詳しく解説していただくことを中心に展開していきます。
日程 11月22日(土) 
時間 10:30~12:00
講師 牟田口 章人(帝塚山大学 文学部教授)
日程 11月15日(土) 
時間 10:30~12:00
講師 戸花 亜利州 氏(城陽市歴史民俗資料館学芸員)
日程 11月1日(土) 
時間 10:30~12:00
講師 鷺森 浩幸(帝塚山大学奈良学総合文化研究所所長・同大学文学部教授)
日程 10月25日(土) 
時間 10:30~12:00
講師 杉﨑 貴英(帝塚山大学 文学部准教授)
日程 7月16日(水)
時間 10:30~12:00(受付は10:00から)
講師 中島 一裕(帝塚山大学 文学部 教授)
講座概要 ※講演をお楽しみいただくとともに、開催中の貴重書展示を閲覧し、講師による特別解説が受けられます。
※閲覧いただく貴重書展には、初披露となる展示品が多数含まれます。また、それ以外の展示品も約20年ぶりの公開です。この講座のときにしか出品しない展示品もあります!
※受講者には、お飲み物とグッズの特典つき。

~~~講演要旨~~~ 谷崎潤一郎は、明治43年(1910)に処女小説「刺青」を発表して以来、50年余りにわたって話題作、問題作を発表し続けた、日本文学史にも希有な作家であった。その作品は、時として耽美主義、悪魔主義、ブルジョア小説と呼ばれることがあったが、永遠の女性美を追究しながら人間存在の脆弱さを描き出すという谷崎文学の根幹は揺らぐことがなかった。  大正期末年までの谷崎文学の主要な舞台は、東京・横浜で、モダニズムの文学、都会派文学ということができる。昭和に入ってからの谷崎は、文学の舞台を大阪、神戸、京都に移し、一方で日本の伝統に回帰するとともに、一方で阪神間モダニズムと呼ばれる文学を展開した。さらに戦後は、老人と性の問題を追求するようになる。  この講座では、谷崎潤一郎の文学を5つの時期に分けてその展開を概観するとともに、各時期の主要作品を展示によって解説しながら、谷崎潤一郎の文学の楽しさを身をもって味わっていただきたい。
日程 7月8日―7月22日
時間 10:00~16:00
講師 なし
日程 7月24日(木)
時間 10:00~15:00
講師 日置慎治氏(帝塚山大学教授・経営学部長)
講座概要 様々な作業を自動化できるプログラミングを習得しておくと、教育現場においても役立つ時があるはずです。この講座では未経験者を対象に、入門編からプログラミングを解説します。
日程 6月4日(水)
時間 14:00~15:30
講師 文学部文化創造学科 教授 牟田口 章人(専門:文化財映像アーカイブ/ジャーナリズム)
講座概要 奈良・東大寺の法華堂は、東大寺境内最古の建物で、中には東大寺創建前に遡る国宝の仏像がひしめく。創建以来1300年に迫る堂内は、湿気によって須弥壇が傷み、震度4以上の地震に耐え得る状態ではなくなったので、2010年から平成大修理が行われた。この過程で、建物の創建年代や、堂内の諸尊の配置など、天平時代の仏教美術の根幹に関わる諸相が明らかになってきた。小職は3年の間に240回余りに亘って通い、平成大修理の記録を映像として撮り重ねてきた。また奈良時代、創建当時の姿もコンピューターグラフィックスによって再現をした。当日の講義は、この映像記録を中心に法華堂の素晴らしさを語るものである。
日程 5月28日(水)
時間 14:00~15:30
講師 文学部文化創造学科 教授 西山 厚(専門:仏教史/美術史)
講座概要 観音菩薩は「観世音菩薩」あるいは「観自在菩薩」といいます。世間の音を観る。自在に観る。世界のどこであれ、悩み苦しむ人が観音さまに助けを求めると、観音さまはすぐにその声を聞きつけ、救いに来てくださるそうです。しかも、その人を救うに適した姿に変身して来てくれます。観音菩薩はあらゆる時代にさかんに信仰され、素晴らしい観音像が多く制作されました。奈良を代表する観音像をご紹介しながら、観音菩薩の魅力に迫ります。
日程 6月14日(土)
時間 14:00~15:30
講師 寺島実郎 氏(帝塚山大学特別客員教授)
講座概要 寺島実郎 氏による特別公開講座 「世界は今どう変わっているのか ‐ 日本の進路を求めて」 【寺島実郎 氏プロフィール】 帝塚山大学特別客員教授・(一財)日本総合研究所理事長 1947年北海道生まれ。 早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、三井物産入社。 米国三井物産ワシントン事務所長、三井物産常務執行役員等を歴任。 現在、文部科学省グローバル人材育成推進事業プログラム、及び 大学の世界展開力強化事業プログラム委員会各委員、国土交通省 新たな「国土のグランドデザイン」構築に関する有識者懇談会委員等兼務。 近著に『リベラル再生の基軸-脳力のレッスンⅣ』、 『(寺島実郎監修)全47都道府県幸福度ランキング2014年版』他多数。
日程 3月15日(土)
時間 13:00~14:30(12:30受付開始)
講師 鈴木博子(帝塚山大学 人文学部日本文化学科 准教授)
講座概要 江戸時代、歌舞伎・人形浄瑠璃はエンターテイメントとして人気を集め、芝居町の舞台は多くの観客でにぎわっていました。大名家では、屋敷に役者たちを呼んで歌舞伎や人形浄瑠璃を上演するという催しが盛んに行われていました。殿様、奥方、姫君といった藩主一族だけでなく、家臣やその子どもたち、女中や足軽にいたるまで、こぞって芝居を観覧していた様子が知られます。本講座では、加賀藩、岡山藩、対馬藩などの記録を取り上げながら、大名家で芝居がどのように楽しまれていたかを見ていきます。
日程 【毎回土曜日10:00~12:00】4/12(オリエンテーション)4/19、5/10,17,31、6/14,21,28、7/5,12,26 全10回講義 ※公務など講師の都合でやむなく休講する場合は、他の土曜に振替えて実施します。
講師 小坂幸三(帝塚山大学人文学部教授)
講座概要 本授業はTime, Newsweekを教材として、毎週担当講師がタイムリーな記事を提示して、次週までに受講生が教材を十分に読み込んできます。記事の社会的、文化的背景までも理解しながら、教材の精読とディスカッションを行うことによって高度な英語力を養成します。もう一歩英語力を向上させ、プロフェショナルな領域を目指す英語学習者に最適なクラスです。 受講生のIntellectual curiosity(知的好奇心)を刺激して、Intellectual muscle(知的筋力)とIntellectual tenacity(知的執着力)を鍛え抜くように、担当講師が指導します。 ※毎回、予習が必須です。 <受講資格> 以下のいずれかを満たす方 □ TOEIC850点以上または同等以上の英語力を有する方 □本学の「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」修了生
日程 【毎回土曜日13:00~15:00】4/12(オリエンテーション)、4/19,26、5/10,17,31、6/7,14,21,28、7/5,12,19 全12回講義 ※公務など講師の都合でやむなく休講する場合は、他の土曜に振替えて実施します。
講師 青木洋二氏 (同志社大学ビジネススクール 非常勤講師 経営,キャリアアドバイザー、和歌山大学 非常勤講師 英語、帝塚山大学「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」第7期修了生) 保田彰彦氏 (元旭川工業高等専門学校教授・通訳案内士・帝塚山大学「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」第5期修了生) 大河内知子氏 (帝塚山大学人文学部非常勤講師・日英通訳者・通訳案内士・帝塚山大学「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」第1期修了生)
講座概要 このコースでは受講生の英語力の飛躍的な向上を目指し、英語での会話がきちんとできるレベルになることを目標とします。シャドーイングをレッスンに取り入れ、発音スキルを磨きつつ、音から意味の理解度を深めることによってリスニング力と読解力の総合的な強化を図ります。 このコースは、大手一流企業の前線で英語を駆使してきた英語のエキスパートが講師を担当。講師陣は、大手商社または一流のグローバル企業・外資系企業で海外営業や海外駐在、米国本社とのパイプ役として活躍してきた、英語によるコミュニケーションのプロフェッショナルです。机上の英語ではなく、活きた英語を習得することができる本コースは、英語力向上で悩んでいる方に最適です。 ※毎回、予習が必須です。 <受講資格> □TOEIC600点以上または英検2級以上の英語力を有する方。
日程 第1回・・・2/20(木) 第2回・・・2/27(木) 第3回・・・3/6(木)
時間 第1回(2/20)10:00~12:00及び13:00~14:30 第2回(2/27)・第3回(3/6)10:00~12:00 午後は実習室を17時まで開放。自由に制作。
講師 植村和代(帝塚山大学現代生活学部教授)
講座概要 第1回は、講義「帝塚山大学の織物教育」と実演「高機・組紐の仕組みについて」、第2回・第3回は、実際にみなさんが高機を使いランチョンマット制作や組紐でのストラップ制作を行います。 ※全3回とも出席できる方のみ、お申し込み下さい。

公開講座トップへ戻る

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA