研究活動・実績 | 研究・社会貢献

ホーム の中の 研究・社会貢献 の中の 研究活動・実績 の中の 不正防止への取り組み

本文印刷


不正防止への取り組み

公的研究費の不正防止への取組について

帝塚山大学では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)をもとに、公的研究費に係る適正な運営・管理をより徹底すべく、体制整備等について検討を重ねてまいりました。
このたび、本学では公的研究費の執行を対象に機関内の責任体系を明確にし、適正な運営・管理の基盤となる環境の整備を図るために諸規程を整備いたしました。ルールの全体像を体系化し、全職員に周知するため、ここに公的研究費の不正防止体制整備等の公開をいたします。
今後、以下の取組みに基づき、公的研究費の執行について透明性と信頼性を確保し、教育研究のいっそうの充実と発展に努める所存であります。

平成26年12月1日

1.機関内の責任体系の明確化

学長は最高管理責任者として責任を負います。
副学長は統括管理責任者として責任を負います。
各学部の学部長、センター長はコンプライアンス推進責任者または研究倫理教育責任者として責任を負います。

<関連する学内規程>

帝塚山大学における研究活動に係る不正行為等の防止等に関する規程  PDF

2.適正な運営・管理の基礎となる環境の整備

公的研究費執行に関する相談は総務課が受け付け対応します。
研究活動の行動規範として研究者の行動指針を定めています。

帝塚山大学における教育・研究者の行動指針  PDF

帝塚山大学動物実験関係

3.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

不正防止計画推進部署として不正防止計画推進室を設置しています。
不正防止計画推進室は学長、副学長、事務局長、総務課長、学長室課長及び学長が指名する本学専任の教職員にて構成されています。また帝塚山学園監査室と連携して、不正防止計画を策定し、同計画を推進します。

<関連する学内規程>

帝塚山大学公的研究費不正防止計画  PDF

帝塚山大学における教育・研究者の行動指針  PDF

帝塚山大学における研究活動に係る不正行為等の防止等に関する規程  PDF

  • 内部監査規程
  • 懲戒規程

4.研究費の適正な運営・管理活動

総務課において適正な予算の執行を検証し、実態と齟齬がないかを確認します。

【物品】

1件10万円以上の物品発注については調達統括責任者(本部事務局長)に調達申請の上、購入する事を原則とします。
不正な取引に関与した業者への取引停止等の処分方針を定めています。

<関連する学内規程>

  • 学校法人帝塚山学園固定資産及び物品調達規程

帝塚山大学における公的研究費に係る研究用物品の納品・検収業務規程  PDF

【旅費】

研究者の出張計画の実行状況を資料(学会プログラムの写し・関連するメールのやり取り等)の提出等で確実に把握するとともに、旅費執行には納品請求書・領収書・航空券の半券・宿泊証明書等の提出をもって精算する事を原則とします。

【謝金】

実験補助等の継続的な労働に係る勤務実態の把握に向け、出勤表を当該研究室ではなく総務課にて管理します。

5.情報発信・共有化の推進

競争的資金の適正な運営・管理の問合わせには学長室が対応します。
通報(告発)の受付窓口を以下の通り学長室に設置しています。

【告発等の受付窓口】

帝塚山大学 学長室
〒631-8501 奈良市帝塚山7-1-1
TEL:0742-48-9341 FAX:0742-48-9030

E-mail:gaku (a) jimu.tezukayama-u.ac.jp

※電話による受付時間は平日9時~17時です。

(告発等を受付ける際の留意事項)

告発等を受付ける際には、告発者の氏名・連絡先、不正を行なったとする研究者・グループ、不正行為の態様、不正とする科学的根拠、使用された競争的資金等について確認させていただくとともに、調査に当たって告発者に協力を求める場合があります。
また、調査の結果、悪意に基づく告発であったことが判明した場合には告発者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発がありうる事を申し添えます。

<関連する学内規程>

帝塚山大学における研究活動に係る不正行為等の防止等に関する規程  PDF

6.モニタリングの在り方

不正の発生を防止することを目指し不正防止計画推進室を設置しています。

<関連する学内規程>

  • 公益通報者保護の取扱いに関する内規

7.研究倫理教育について

本学では、研究活動に係る以下の行為を不正行為とし、これらの発生を未然に防止すること、本学において研究活動を行う全ての者に対して研究における倫理観を醸成することを目的に、不正防止計画推進室が中心となり「研究倫理教育」を実施しています。

<具体的な不正行為の例>

  • <捏造> 存在しないデータ、研究結果等を作成すること
  • <改ざん> 研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること
  • <盗用> 他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を当該研究者の了解又は適切な表示なく流用すること
  • <二重投稿> 他の学術誌等に既発表又は投稿中の論文と本質的に同じ論文を投稿すること
  • <不適切なオーサーシップ> 論文著作者が適正に公表されないこと

Adobe Readerのダウンロード

PDFをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
以下のサイトよりダウンロードのうえ、インストールしてください。

Adobe Readerはこちら

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA