ニュース

2021年10月01日

プレスリリース

食物栄養学科の学生考案のオリジナル柿スイーツを限定販売 なら和み館で10月2日〜31日まで

若者の柿離れを防げる?
帝塚山大学生が奈良県産の柿を使用した
写真映えするオリジナルスイーツを考案
10月2日(土)~10月31日(日) なら和み館で限定販売

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)は、本学現代生活学部食物栄養学科の藤村太一郎教授(食品科学)のゼミ生5人によるレシピをもとにした柿のスイーツを、10月2日(土)〜10月31日(日)にかけて、なら和み館(所在地:奈良県奈良市高畑町1071)の「Restaurant&Cafe あをがき」で限定販売します。

藤村ゼミの学生は、奈良の農産品を使用した土産物の調査や企画などの活動を通じて、奈良県の特産品でもある柿が収穫量の3分の1ほどが廃棄されているという事実に着目。同時に、柿の消費量が減少傾向にあり、その要因の一つが若者離れとされていることから、学内で柿の嗜好調査アンケートを実施してマーケティング的な検証も進めつつ、若年層に受ける柿レシピを考案しました。

藤村ゼミの活動を知った本学全学教育開発センターの岩井洋教授(経営人類学)の紹介によりこの度のなら和み館とのコラボレーションが実現し、ハロウィーンの限定メニューとしてオリジナル柿スイーツを販売する運びとなりました。

若者に受けるスイーツを目指して学生が開発したのは「柿のみたらし団子」と「柿のパンナコッタ」の2点。店舗では、「ミニパフェと5種類のスイーツ盛り(税込み1000円)」として販売します。使用する柿はすべて奈良県産にこだわるなど、奈良の特産品と秋の味覚が満載の贅沢なスイーツメニューです。

【特別企画】ミニパフェと5種のスイーツ盛りをご注文+「帝塚山大学」の合言葉で、1日先着5名の方に「しかクッキー3枚入り」をプレゼント!(11月28日まで)

11月からは、オリジナル柿スイーツの入った別のデザートプレートを販売することに決定しました!

オリジナル柿スイーツの入った「ミニパフェと5種類のスイーツ盛り」

【販売概要】

  • 商品名 :ミニパフェと5種類のスイーツ盛り
  • 内  容:①柿のみたらし団子②柿のパンナコッタ③季節のミニパフェ④サツマイモンブ ラン  ⑤古都華削り⑥その日のスイーツ(店長おまかせ)
  • 価  格:1,000円(税込み) +200円でドリンクセット
  • 販売店舗:なら和み館「Restaurant&Cafe あをがき」
  • 奈良県奈良市高畑町 1071 TEL.0742-21-7530 FAX.0742-27-0114
  •           https://www.worldheritage.co.jp/nagomi/
  • 販売期間:10月2日(土)〜10月31日(日)内の土日限定

報道発表全文はこちら