ニュース

2021年09月24日

プレスリリース

コロナ時代の新しい犯罪・非行・防犯事情もテーマに 防犯ボランティア講座を開講 9月30日から

犯罪・非行のない安全・安心なまちづくり」を実践的に学ぶ
コロナ時代の新しい犯罪・非行・防犯事情もテーマに
帝塚山大学法学部と奈良県警察本部の協働講座 防犯ボランティア講座を開講

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)法学部(学部長:羽渕雅裕)は、奈良県警察本部との連携講座である「防犯ボランティア講座 犯罪・非行のない安全・安心なまちづくり」を開講します。


本講義では、将来警察官や行政職をめざす本学の法学部生が、外部講師の講演やグループ実習などを通じて、警察や行政の活動と並行する自主防犯活動の現状と重要性について知識を深め、安全・安心なまちづくりに向けて何を行うべきかを実践的に学びます。


今年度は、全15回の講義のうち3回にわたり、「コロナ時代の新しい犯罪・非行と防犯」をテーマにした講義を実施。コロナ禍により増加したとされるサイバー犯罪のほか、SNSを介したいじめや性犯罪など、青少年が被害者となりやすい事例を取り上げ、どのように対策すべきかを考えます。


奈良県警察本部によるこのような長期の講座は本学のみでの開設であり、警察と教育機関による長期講座としても、全国的にもめずらしい取り組みです。

【本件の概要】
1)奈良県警察本部の全面協力で実現した実践的講座。奈良県警察本部の警察職員も講義を担当し、防犯活動の最前線について解説。今年度は「コロナ時代の新しい犯罪・非行・防犯事情」もテーマに。
2)今年度で8回目となる本講座。対面授業で実施。

3)9月30日(木)の第1回目講義では、奈良県警察の担当者の紹介と講座の趣旨説明を行う。※新型コロナウイルス感染症拡大等の影響で、開催形態が変更になることがあります。

法学部特殊講義「防犯ボランティア講座~犯罪・非行のない安全・安心なまちづくり~」

実施日時:9月30日(木)2時限目(10:40-12:10)
実施教室:帝塚山大学 東生駒キャンパス 6112教室(6号館1階)

報道発表全文はこちら