• HOME
  • ニュース一覧
  • 大和野菜と奈良県産野菜のオリジナルスイーツを 地元企業と共同開発

ニュース

2019年10月17日
大和野菜と奈良県産野菜のオリジナルスイーツを 地元企業と共同開発

大和野菜と奈良県産野菜のオリジナルスイーツを地元企業と共同開発

大和まなケーキドーナツなどの野菜スイーツを限定販売
10月20日(日)10:00~ DMG MORI やまと郡山城ホール展示室

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)は、有限会社菓楽(大和郡山市:洋菓子の製造卸販売)と連携し、オリジナルの大和野菜のスイーツを開発しました。今回開発したのは、文部科学省私立大学研究ブランディング事業の研究成果である、大和野菜の栄養分析をもとにしたレシピのオリジナル野菜スイーツ。

大和まなのケーキドーナツ、大和まなのシフォンケーキ、青森県産のりんごと奈良県産のしょうがを使ったジンジャーアップルパイ、郡山のれんこんチーズサブレ当帰入りの4種類。大和野菜だけでなく奈良県産の素材を使用して地産地消にこだわりました。

2019年10月20日(日)、DMG MORIやまと郡山城ホール展示室(大和郡山市北郡山町)において開催の「第八回大和郡山 良い食品博覧会 食の語り部講座」で限定販売します。

本商品は、今後、11月2日(土)に開催のまほろばキッチン収穫祭(まほろばキッチンJR奈良駅前店)においても販売予定(大和まなケーキドーナツのみ)。その後は、受注生産で製品展開する予定です。

報道発表全文はこちら大和野菜スイーツ販売.pdfから

【本件の背景】

●文部科学省 平成29年度私立大学研究ブランディング事業に採択された「『帝塚山プラットフォーム』の構築による学際的『奈良学』研究の推進」内の研究テーマの一つである「大和野菜の食物学的研究」の一環として企画・販売。同研究では、大和野菜の栄養分析とともに大和野菜の新たなレシピ の開発に挑戦している。今回販売するのは、その成果をもとに開発した「大和野菜スイーツ」。
●本学現代生活学部食物栄養学科の佐伯孝子准教授(生活科学・食生活学)のゼミに所属し、管理栄養 士をめざす学生が、企画・開発から携わり、製品ラベルなども考案。実践的に学びを深めた。
●今回開発した大和野菜スイーツは、今後は受注生産で展開の予定。

【販売情報】

第8回大和郡山良い食品博覧会 食の語り部講座
日時:2019年10月20日(日)10:00-15:00
場所:DMG MORI やまと郡山城ホール展示室(大和郡山市北郡山町)
対象:地域・一般の方々

【販売商品】価格はすべて税込み

●大和まなのケーキドーナツ  160円 (本イベントに限り10円引きの150円)
●大和まなのシフォンケーキ  600円
●青森県産のりんごと奈良県産のしょうがを使ったジンジャーアップルパイ 150円
●郡山のれんこんチーズサブレ 当帰入り 150円


 

大和まなケーキドーナツ 160円

大和まなシフォンケーキ 600円

郡山のれんこんチーズサブレ 当帰入り 150円