• HOME
  • ニュース一覧
  • SBIリクイディティ・マーケット(株)、SBI FXトレード株式会社と金融リテラシー教育の推進に向けて連携協定を締結 1/31

ニュース

2019年01月24日
SBIリクイディティ・マーケット(株)、SBI FXトレード株式会社と金融リテラシー教育の推進に向けて連携協定を締結 1/31

実際の金融商品の取引を通じて、金融リテラシーの向上を目指す授業を協働で展開
帝塚山大学、SBIリクイディティ・マーケット株式会社、 SBI FXトレード株式会社が
金融リテラシー教育の推進に向けて連携協定を締結

1月31日(木)12:45~帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパスで締結式

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)、SBIリクイディティ・マーケット株式会社(代表取締役社長:尾崎文紀 所在地:東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー)とSBI FXトレード株式会社(代表取締役社長:高橋直也 所在地:東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー)は、平成31年1月31日(木)、金融リテラシー教育の推進を目的とした産学連携協定を締結します。

本協定により、三者は相互の人的・知的資源の交流を通じ、本学で実学的かつ先進的な金融リテラシー教育プログラムを実施することで、学生の金融知識の向上に努め、その成果を社会に還元することを目指します。

具体的には、SBIリクイディティ・マーケット株式会社およびSBI FXトレード株式会社との連携のもと、実際のFX取引を通じて、金融知識を身につけ、金融経済事情の理解を深めることをねらいとした「経済学と金融教育」という授業を平成31年4月より開講。大学業界初の取組みで、新たな金融リテラシー教育の構築に取り組みます。

協定書締結式の当日は、記者発表を行うとともに、記者の皆様へ向けて、三者の連携事業でもある「経済学と金融教育」の公開授業を行います。

【本件のポイント】
●学生は、実際のFX取引を通じて金融商品の性質を学び、金融リテラシーの向上や金融行動の改善を目指す。同時に、市場の仕組み、政治と経済の関係性などへ関心を高め、なかなか実態がつかみづらいお金の流れなどへの理解を深める
●SBI社より担当者が出講。専門家から業界の実情を学ぶことで、学生のキャリア意識を育成
●授業では、SBI FXトレード社が提供する取引環境を利用。大学および学生には取引の損得は発生しない環境下で、実際の取引を体験する
●学生はSBI FXトレード社が提供する取引ツールなどの使用感のフィードバックを行い、同社のサービスの改善に役立てる
●実際にFX取引を行う金融リテラシー教育は、大学業界でははじめての試み
●連携授業は、平成31年4月開講予定

 

協定書締結式、記者発表および公開デモ授業の詳細については、下記PDFをご覧ください。

SBIリクイディティマーケット株式会社、SBI FXトレード株式会社と産学連携協定を締結

この件に関する
お問い合わせ・
発信者

帝塚山大学   広報課

Tel:0742-48-9192  koho@jimu.tezukayama-u.ac.jp