• HOME
  • ニュース一覧
  • 生駒商工会議所 地域経済の振興発展に向けて連携協定を締結
    12月5日(火)11:00~帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパスで締結式

ニュース

2017年12月01日
生駒商工会議所 地域経済の振興発展に向けて連携協定を締結
12月5日(火)11:00~帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパスで締結式

帝塚山大学・生駒商工会議所 地域経済の振興発展に向けて連携協定を締結
12月5日(火)11:00~帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパスで締結式

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)は、生駒商工会議所(会頭:久保昌城 所在地: 奈良県生駒市元町1-6-12)と、地域経済の振興発展と人材育成及び学術の振興への寄与を目的とした連 携協定を締結します。

生駒商工会議所と大学との2者間による連携協定締結は、これが初めてであり、本協定により、両者は相互に連携・協力して、生駒の地域産業の活性化に資する事業を展開します。

【本件の目的と背景】

本学と生駒商工会議所は、生駒市、生駒市観光協会を含む4者で2011年7月に締結した「産学官商工観光事業連携協力に関する協定」に基づき、連携協力を進めてきました。今回、生駒商工会議所と中心に実施した連携事業の実績を踏まえ、特に生駒市の地域産業の振興や活性化をめざす観点から、2者間での連携協定の締結に至りました。

【今後の計画】

6学部9学科を有する県内最大の総合大学である本学は、大学の知的リソースの活用や研究成果の地域還元に注力するとともに、学生が参画する地域連携・産学官連携プロジェクトを推進することで、「実学の帝塚山大学」として、地域の活性化を目指しています。今回の生駒商工会議所との連携協定を機に、本学は、

■生駒駅前地区の活性化事業

■同所会員企業との産学連携の推進

■同所との人材交流

など、生駒市の活性化につながる取組みを具体化させ、積極的に推進していきます。

【これまでの商工会議所との取組み】

「女性起業家支援」

■2012年度より開始した「女性企業家支援事業」。その成果は経済産業省近畿経済産業局で事 例紹介されるなど、各方面より高く評価された。

「産学官連携セミナー」「映像オンライン経営相談」「サロネーゼカフェ」

■2017年度 生駒市テレワーク&インキュベーションセンター「イコマド」(生駒市谷田町1615 アコール生駒もやい館 3・4F)で7月31日(月)から実施した「産学官連携セミナー」「映像オンライン経営相談」「サロネーゼカフェ」。

・「産官学連携セミナー」では、産学連携シンポジウム「社会に役立つモノづくりを目指した技術と社会科学の融合」を実施。日刊工業新聞社東大阪支局長、産官学連携に関する有識者と同所会員企業との情報交換の機会作りに貢献した。

・「映像オンライン経営相談」 イコマドに帝塚山大学 地域連携推進センターの「イコマブランチ」を開設。TV会議システムでイコマドと帝塚山大学をつなぎ、生駒市内全事業者を対象に商品開発やマーケティング、人材育成などの経営相談に本学の教員が応じた。

・「サロネーゼカフェ」 在宅起業を目指す女性を対象に、先輩起業家との情報交換やネットワークづくりができる場のコーディネートにかかわった。

 

【協定書締結式概要】
日時:平成29年12月5日(金)11:00~
会場:帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパス
3号館3F「会議ホール」(奈良市帝塚山7-1-1)
内容:協定書締結、記念撮影および質疑応答
出席者:
〈帝塚山大学〉
学長 蓮花 一己
副学長 向井 篤弘
学長補佐(地域連携・産学官連携担当) 菅 万希子
事務局長 多賀久彦
〈生駒商工会議所〉
会頭 久保 昌城
専務理事 大原 暁
理事・事務局長 中谷 充隆

【協定書締結式概要】

日時:平成29年12月5日(火)11:00~

会場:帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパス 3号館3F「会議ホール」(奈良市帝塚山7-1-1)

内容:協定書締結、記念撮影および質疑応答

出席者:

〈帝塚山大学〉学長 蓮花 一己、副学長 向井 篤弘、学長補佐(地域連携・産学官連携担当) 菅 万希子、事務局長 多賀久彦

〈生駒商工会議所〉会頭 久保 昌城、専務理事 大原 暁、理事・事務局長 中谷 充隆

この件に関する
お問い合わせ・
発信者

帝塚山大学   広報課

Tel:0742-48-9192  koho@jimu.tezukayama-u.ac.jp