• HOME
  • ニュース一覧
  • 「若者のこころの健康」シンポジウム SNSをめぐる対人関係 ーLINE・Twitterからつながる自殺ー

ニュース

2017年10月20日
「若者のこころの健康」シンポジウム SNSをめぐる対人関係 ーLINE・Twitterからつながる自殺ー

SNSから引き起こされる若者の「自殺」を何とかしたい
「若者のこころの健康」シンポジウム   SNSをめぐる対人関係
ーLINE・Twitterからつながる自殺ー

10月21日(土)13:30から、帝塚山大学(奈良市帝塚山7-1-1 学長:蓮花一己) 奈良・学園前キャンパス(奈良市学園南3-1-3)16号館 16501教室にて、「若者のこころの健康シンポジウム」を開催します。本シンポジウムでは、最近の社会問題のひとつでもある、LINEやTwitterなどのSNSでのいじめによる自殺をテーマに、本学学生による自殺防止サークル「ぷりべんしょん」が、専門家とともにその解決策を探ります。

「ぷりべんしょん」の設立は2014年9月。現在は、院生を含む9人で活動を行っています。2年前から奈良県と共同で若者の自殺をテーマにシンポジウムを実施するとともに、普段から、専門知識がなくても取り組める自殺予防対策を広めることを目的として、教職員や学生向けに自殺予防に関する講座を行ったり、一般の方に向けてのパネル展示を行ったりしてきました。

今回のシンポジウムは、「ぷりべんしょん」が、企画、テーマ選び、講師選定から運営までを担当し、明日の本番では専門家と意見交換も行います。

「年齢の近い自分たちだからこそ、伝えられることもある」と話す「ぷりべんしょん」のメンバーたち。本シンポジウムを、「参加者が各々でできることを考える場としたい」と抱負を語っています。

「若者のこころの健康」シンポジウム SNSをめぐる対人関係
ーLINE・Twitterからつながる自殺ー

【日時】2017年10月21日(土) 13:30~15:30

【場所】帝塚山大学 奈良・学園前キャンパス 16号館 16501教室

           〒631-8585 奈良市学園南3-1-3

【シンポジスト】

阪中 順子 氏

加古川市教育委員会 学校支援カウンセ ラー 元公立小中学校教諭であり、臨床心理 士・学校心理士スーパーバイザー、文部 科学省「児童生徒の自殺予防に関する調 査研究協力者会議」委員、日本自殺予防 学会理事などを務める。

白井 龍太 氏

NPO法人 Light Ring. スタッフ 本業の不動産業界に従事しながら、NPO 法人Light Ring.スタッフとして参加。 過去に支え手としての経験を活かし現在 は講演担当として活動中。支え手がより 活躍することで若者の自殺が減少できる 社会を目指している。

「ぷりべんしょん」

帝塚山大学学生サークル 自殺対策について実際の 活動を行うためのグループ。 特に若者の自殺を減らすための活動に取 り組んでいる。

【コーディネーター】

神澤 創

奈良県自殺対策連絡協議会座長

帝塚山大学心理学部 教授

帝塚山大学こころのケアセンター長

この件に関する
お問い合わせ・
発信者

帝塚山大学   広報課

Tel:0742-48-9192  koho@jimu.tezukayama-u.ac.jp