• HOME
  • ニュース一覧
  • 株式会社日本政策金融公庫と 地方創生にかかる産学連携の協力推進で覚書を締結
    6月23日10:00~帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパスで締結式

ニュース

2017年06月20日
株式会社日本政策金融公庫と 地方創生にかかる産学連携の協力推進で覚書を締結
6月23日10:00~帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパスで締結式

事業継承・創業の実践的経営学1.jpg

株式会社日本政策金融公庫による出張講義(2016年度)

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)は、株式会社日本政策金融公庫 奈良支店(支店長:上村誠 所在地:奈良市大宮町7-1-33)と、地方創生にかかる産学連携の協力推進に関する覚書を締結します。

本覚書は、両者が相互に協力して本学の研究成果等を地域社会に円滑に還元すること、および情報交換等を行うことにより、地域の産学連携を推進し、地域社会の発展に貢献することを目的としたもので、同社と大学との覚書締結は、奈良県で初めてのこととなります。

これまでにも、本学と同社は相互に出張講義を実施していたほか、2016年度に本学で開催した「ならイノベーション産学官金連携報告会」では、産学官金連携を担う金融機関として、同社には中心的な役割を担っていただくなど、緊密な協力関係を構築してきました。

本覚書締結を機に、本学の研究成果と中小企業との技術提携等への支援、自治体や経済団体にかかる情報提供と橋渡し支援、地域ビジネスを担う人材育成支援などを展開し、地域社会の産業発展を目指した産学連携活動を協働で一層推進していく予定としています。今後の具体的な取り組みとしては、本学と生駒市との産官学連携事業において、同社による本学の研究シーズと企業のマッチング支援や講演などを実施する計画です。

本学は、今年度新たに、地域連携および産学官連携の対外的窓口となる「地域連携推進センター」を立ち上げました。県内最大の総合大学としての知的リソースの活用や研究成果の地域還元に注力し、また、学生が参画する地域連携・産学官連携プロジェクトをさらに推進することで、これまで以上の地域の活性化を目指しています。今回の覚書による相乗効果が期待されるところです。

【覚書締結式概要】

日時:平成29年6月23日(金)10:00~

会場:帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパス 3号館3F「会議ホール」(奈良市帝塚山7-1-1)

内容:覚書締結、記念撮影および質疑応答

出席者:

〈日本政策金融公庫 奈良支店〉

支店長 上村 誠
国民生活事業 融資第一課長 神田 崇行

〈帝塚山大学〉

学長 蓮花 一己
副学長 向井 篤弘
副学長 飛世 昭裕
学長補佐(地域連携・産学官連携担当) 菅 万希子
事務局長 多賀久彦

この件に関する
お問い合わせ・
発信者

帝塚山大学   広報課

Tel:0742-48-9192  koho@jimu.tezukayama-u.ac.jp