• HOME
  • ニュース一覧
  • 球場を満員にするプロジェクト2016 バファローズ担当者による第2回講義実施のお知らせ

ニュース

2016年05月16日
球場を満員にするプロジェクト2016 バファローズ担当者による第2回講義実施のお知らせ

『球場を満員にするプロジェクト2016』
バファローズ担当者による第2回講義実施のお知らせ


『球場を満員にするプロジェクト2016』のために設けました経済学部および経営学部内での学内特別講座において、オリックス野球クラブ担当者による第2回講義を下記要領で実施いたします。

 

1.科目名  経済学部「特殊講義(プロジェクト演習・スポーツ経済C)」
                   経営学部「特殊講義(実践的スポーツビジネスA)」


2.担当者  経済学部 岡田 知久(講師)、寺地 祐介(准教授)
                   経営学部 穐原 寿識(講師)


3.日時      5月26日(木)2限(10:40~12:10)

4.場所      帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパス 5号館5103教室

5.概要
4月21日(木)に行われましたオリックス野球クラブ担当者による講義(写真)で、学生たちは、『地域別の来場者数はアクセス条件に反比例する』ということを学びました。
さらに、担当者からは、昨年度のプロジェクト参加学生が「球場周辺地域での動員に向けた施策が必要である」と指摘していたことについても、言及がありました。
このような講義内容を踏まえ、講義当日は、学生から8月21日(日)に行われるウェスタン・リーグ公式戦「オリックス・バファローズ 対 阪神タイガース」において、佐藤薬品スタジアムを満員にするには、県内のどの地域での動員施策を重点的に行う必要があるかということなどについての提案を行います。また、提案を踏まえ、オリックス野球クラブ担当者と学生との間での活発な議論も行われることと思います。

本件に関する
お問い合わせ先
発信者
帝塚山大学 総務センター 広報課
Tel:0742-48-9192