• HOME
  • ニュース一覧
  • 国内最高峰のレスリング大会『天皇杯・全日本選手権』に本学レスリング部竹内選手が出場

ニュース

2014年12月19日
国内最高峰のレスリング大会『天皇杯・全日本選手権』に本学レスリング部竹内選手が出場

12月21日(日)~23日(火・祝)に東京・代々木競技場第2体育館で行われるレスリング大会『平成26年度 天皇杯全日本選手権』に、グレコローマンスタイル98kgで、竹内 亮亘選手(経済学部1年、写真右)が出場します。

takeuchi.jpg

この大会は、6月に開催される『明治杯 全日本選抜選手権』と、10月に行われる『国民体育大会』と並ぶ、レスリング3大メジャー大会の一つです。今回は、2015 年世界選手権大会日本代表選手選考を兼ねて行われます。

竹内選手は、岐阜県立岐南工業高校からレスリングを始め、高校時代は国民体育大会3位。

帝塚山大学に入学後、6月の『明治杯全日本選抜選手権』ベスト8、7月の西日本学生新人戦で準優勝という活躍をしており、今回の出場は明治杯全日本選抜選手権での実績を評価されての出場となります。

この大会は、各階級とも全国で12名~20名のみの選抜された選手が出場できる大会であり、1年生としての出場は快挙と言えます。
竹内選手の活躍にご期待ください。

◇経済学部ニュース
   天皇杯全日本レスリング選手権に経済学部1年生の竹内亮亘君が出場