• HOME
  • ニュース一覧
  • 聖武天皇が愛した八重桜をモチーフに・・・ 参加型影絵「マイパレット」8月24日(金)~8月26日(日)開催「平城京天平祭☆夏」にデザインサークル「TAGG」が、影絵を出展します

ニュース

2012年08月23日
聖武天皇が愛した八重桜をモチーフに・・・ 参加型影絵「マイパレット」8月24日(金)~8月26日(日)開催「平城京天平祭☆夏」にデザインサークル「TAGG」が、影絵を出展します

帝塚山大学(学長:岩井 洋  所在地:奈良市帝塚山7-1-1) 現代生活学部 居住空間デザイン学科の学生が中心となって活躍している準クラブ デザインサークル「TAGG」に所属する学生が、8月24日から26日の3日間、平城宮跡にて開催される「平城京天平祭☆夏」(時間:18:30~21:00)に、参加型影絵を出展します。
本学は、一昨年、奈良の大学としては唯一、平城遷都1300年記念事業主催「光と灯りのフェア」に参加し、以来継続して天平祭に参加しています。

今年は、聖武天皇が愛した八重桜をモチーフに花形の参加型影絵を企画しました。テーマは、「マイパレット」で、「パレットの上で絵の具が混ざり合うように、花形パレットの上で参加者の個性を表現してほしい」という思いが込められています。

企画から実施までを、全てTAGGに所属する学生が担当しており、今年は、卒業生が勤務する企業(TOOP design works)の協力も得て、例年以上にパワーアップした影絵で、来場者の皆様を楽しませます。

マイパレット 図面1.JPG

■参考資料 天平祭企画書.pdf

★「TAGG」が運営するface bookにて、参加型影絵「マイパレット」の完成までの様子を公開しています!

http://www.facebook.com/pages/TAGG/374822532585778

学内での打合せの様子。(6月下旬) 

平城宮跡での設営の様子。躯体をペンキで塗装する。

平城宮跡での設営の様子。躯体を組み立てる。

平城宮跡での設営の様子。光の加減を確認する。