• HOME
  • ニュース一覧
  • 帝塚山大学考古学研究所・附属博物館シンポジウム 『論戦 有間皇子を考える』 1月22日(日)、帝塚山大学東生駒キャンパスにて開催!

ニュース

2012年01月07日
帝塚山大学考古学研究所・附属博物館シンポジウム 『論戦 有間皇子を考える』 1月22日(日)、帝塚山大学東生駒キャンパスにて開催!

帝塚山大学考古学研究所(所長:山本良一  所在地:奈良市帝塚山7-1-1)及び附属博物館(館長:森郁夫)は、一年間取り上げてきたテーマの研究成果について、各地の研究者にもご協力いただきシンポジウムを開催いたします。

日 程  1月22日(日) 10:30~15:50

会 場  帝塚山大学東生駒キャンパス 5号館5104教室

協 賛  有間皇子を顕彰する会

 

【 プログラム 】

 9:30  受付
10:30 挨拶 「有間皇子を顕彰する会」会長 山本 順英 氏
10:35 発表1「有間皇子と白浜の地」
佐藤 純一 氏(白浜町教育委員会)
11:05 発表2「有間皇子の宮殿は高取の地」
木場 幸弘 氏(高取町教育委員会)
11:45 昼休憩
13:00 発表3「有間皇子の宮殿は軽の地」
清水 昭博 (帝塚山大学)
13:20 発表4「有間皇子事件の背景は皇位継承問題」
鷺森 浩幸 (帝塚山大学)
14:00 発表5「有間皇子事件の背景は中大兄皇子への権力集中」
甲斐 弓子 (帝塚山大学考古学研究所)
14:20 休憩
14:30 討論 司会 森 郁夫(帝塚山大学附属博物館)
15:50 閉会

 

本件に関する

お問合わせ先

発信者

帝塚山大学 企画・広報課

〒631-8501  奈良市帝塚山7-1-1

Tel:0742-48-9341 E-mail:koho@jimu.tezukayama-u.ac.jp