• HOME
  • ニュース一覧
  • 生駒市の商工観光事業の推進を図る― 7月1日(金)、生駒市役所にて、産学官による商工観光事業について連携協定書を締結 

ニュース

2011年06月27日
生駒市の商工観光事業の推進を図る― 7月1日(金)、生駒市役所にて、産学官による商工観光事業について連携協定書を締結 

帝塚山大学(学長:山本 良一 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)は、生駒市の商工観光事業の推進のために、生駒市、生駒市観光協会、生駒商工会議所と、連携協定を締結することになりました。生駒市の商工観光事業の推進等に向けた、産学官による商工観光事業についての連携協定書の締結は、県下では初めてとなります。

今回の連携協定締結の趣旨は、産学官の多様な機関、組織と連携して各々の特徴を生かして、市内における商工観光を活性化させることです。

貴社メディアにおかれましてもぜひともお取り扱いいただきたく、取り急ぎご案内申し上げます。

 生駒市産学官商工観光事業連携協力の協定調印式について

日 時   平成23年7月 1日(金) 午前10時30分から

会 場   生駒市役所 4階特別会議室

【出席者】

生駒市 生駒市長      山下 真

生駒市観光協会 会長   池田 英憲

生駒商工会議所 会頭   久保 昌城

帝塚山大学 学長      山本 良一

上記以外に、帝塚山大学からは、経営情報学部の佐藤 雄一学部長他関係教職員が参加します。

 

期待できる効果

【生駒市、生駒市観光協会】

①柔軟な発想やさまざまな専門的な観点から新たな観光資源の発掘が期待できる。

②既存の観光資源の活用について、ユニークな発想が期待できる。

【生駒商工会議所】

①同会議所会員企業をはじめ、産業界と連携することにより、視野の広い観光企画、観光商品の開発等で多面的な連携の効果が期待できる。

【帝塚山大学】

①生駒市に隣接している同大学は、観光経営コースも設けられており、4者協力により、将来の観光事業にかかわる人材の育成に役に立つ。

②大学としても身近に学生達に実践の場を提供できる。

③学生にとっても、観光事業の現場を知ることは、貴重な体験となる。

 

問 合 せ 先

発  信  者

〒631-8501  奈良市帝塚山7-1-1 帝塚山大学 企画・広報課

TEL:0742-48-9341  FAX:0742-48-9030

e-mail:koho@jimu.tezukayama-u.ac.jp