• HOME
  • ニュース一覧
  • 【学長プロジェクト】学生から蓮花学長へ新しいキャンパスグッズが提案されました

ニュース

2019年09月20日
【学長プロジェクト】学生から蓮花学長へ新しいキャンパスグッズが提案されました

9月18日(水、「学長プロジェクト」の一環として、学生から蓮花学長へ、キャンパスグッズの提案がなされました。

これは、現代生活学部 居住空間デザイン学科 新海俊一准教授と同学科2年生 能城 紗英さんが立案・提案したグッズであり、実用的なキャンパスグッズとして「クールでアメイジングなTZK(テヅカ)クリアファイル」を制作し、自校教育と大学広報に資することを目的としたものです。

本学の歴史と魅力を伝えることを目的に、クリアファイルには学園のスクールカラー(茜色)が配色され、帝塚山大学の沿革やキャンパス内の風景画像がデザインされています。

能城さんは「帝塚山大学の学生が、学内外で堂々とこのクリアファイルを持ち歩き、自校へのプライドを持ってほしい。」と語っています。

提案風景

クリアファイル(サンプル)