• HOME
  • ニュース一覧
  • 令和元年度「県内大学生が創る奈良の未来事業」 公開コンペに本学学生の提案が2件選ばれました。

ニュース

2019年07月05日
令和元年度「県内大学生が創る奈良の未来事業」 公開コンペに本学学生の提案が2件選ばれました。

奈良県が実施する「県内大学生が創る奈良の未来事業」で本学学生が応募した政策提案のうち、2件が本審査ならびに公開コンペに進みました。

◇#シニアセーフティの提案:大学院心理科学研究科 (代表 同研究科1年 井上 悟さん)

◇大和野菜が美味しい!奈良の食文化を世界に発信、SNS(LINEスタンプで奈良デザイン

:現代生活学部食物栄養学科 (代表 同学科4年 片岡 伊吹さん)

平成24年度から行われているこの事業は、多様化・複雑化する県政の課題を解決するため、県内大学生から政策提案を募集し、公開コンペ方式により選考され、特に優秀と認められる提案を事業化するものです。 今回は県内の大学から15グループ15提案の応募があり、そのうち6グループ6提案が公開コンペに進みました。

なお、公開コンペは8月27日(火)13:00より奈良県議会棟 本会議場(奈良市登大路町30番地)にて行われる予定です。

(参考HP)奈良県HP http://www.pref.nara.jp/28210.htm

「県内大学生が創る奈良の未来事業」公開コンペ参加大学生グループが決定しました!

 

平成29年度の本学発表風景