ニュース

2019年06月10日
須山章信名誉教授が令和元年春の叙勲受章

令和元年4月29日、本学の名誉教授であり元大学人文科学部教授・大学院人文科学研究科教授の須山章信先生(79歳)が春の叙勲において「瑞宝小綬章」を受章されました。

瑞宝章は教育又は研究に直接携わる業務において長年にわたり従事し、功労を積み重ね、功績を挙げた方に授与される褒章です。須山先生は、学校法人帝塚山学園が設置する帝塚山高等学校、帝塚山短期大学および帝塚山大学において45年間私学教育に携わるとともに、研究面では、日本近世演劇の分野において、上方歌舞伎について初めて体系的に解明した研究者として高く評価されています。上方歌舞伎の厖大な資料を網羅的に調査し、現在に至るまで歌舞伎研究に大きく貢献するとともに、華道大和未生流三代家元として、花と舞台に共通する日本美についての考証を行い、その普及に尽力したことも高く評価されました。

 

 

IMG_0088.JPG