• HOME
  • ニュース一覧
  • 春の交通安全県民運動で、ミス帝塚山が一日警察署長を務めました

ニュース

2017年04月09日
春の交通安全県民運動で、ミス帝塚山が一日警察署長を務めました

春の交通安全県民運動(4月6日~15日)中の8日(土)、ミス帝塚山の腰山千遥さん(現代生活学部こども学科4年)が、奈良西警察署から一日警察署長に任命され、交通安全啓発イベントに参加しました。

警察官の制服に身を包んだ腰山さんは、奈良西警察署長から一日警察署長のタスキと委嘱状を手渡され、飲酒運転根絶を力強く宣言。

その後、リアルマリオカートとして奈良で話題の「マリオチーム」や15人の少年剣士とともに、奈良西警察署前を行き交う車一台一台に声を掛け、「飲酒運転なんて馬鹿な」の「馬鹿な」をもじったバナナと反射シールを手渡しながら、約1時間にわたって飲酒運転の防止を呼びかけました。バナナを受け取ったドライバーの方からはお礼の言葉をいただくなど、終始和やかな啓発活動となりました。

初めての体験に最初は緊張した面持ちの腰山さんでしたが、「少しでも交通安全の役に立てれば嬉しい」と笑顔で語り、一日警察署長の大役を立派に務め上げました。

奈良西警察署長から一日警察署長のタスキと委嘱状を受け取りました

奈良西警察署長から一日警察署長のタスキと委嘱状を受け取りました

マリオとともに飲酒運転根絶を呼びかけました

マリオとともに飲酒運転根絶を呼びかけました

マリオチーム、少年剣士と。笑顔でイベントに華を添えました

マリオチーム、少年剣士と。笑顔でイベントに華を添えました

イベント終了後、奈良西警察署前で記念撮影

イベント終了後、奈良西警察署前で記念撮影