重要なお知らせ

重要なお知らせ

2016年11月17日
【国際交流プログラム】海外の外交官・公務員と本学学生が国際交流しました

奈良・東生駒キャンパスの経済学部、経営学部、法学部3学部では、官公庁や各業界のリーディングカンパニー等で活躍できる能力の獲得、難関資格の取得を目指す学生達のための選抜制プログラム(「アドバンスプログラム」)を導入しています。

11月11日(金)、「アドバンスプログラム」の特殊講義(国際交流特別演習A)を履修する2年生27名が、独立行政法人国際交流基金関西国際センターで日本語研修を受けるアジア・ヨーロッパ・アフリカ・中南米など35か国から来日している外交官28名及び公務員9名、計37名と『国際交流プログラム』を実施いたしました。

午前中は、生駒市役所、生駒商工会議所の後援により、生駒市高山竹林園でのお抹茶体験や茶筌づくり見学を楽しむ研修生のみなさんを学生が英語でサポートしました。

k01_advance20161111.jpg k02_advance20161111.jpg
お抹茶体験の様子   茶筌づくり見学


午後からは本学に会場を移し、ランチ会食が行われ、お互いの国の文化や所属学部で学ぶ学習の内容などをグループ毎に別れて紹介し、懇親を図りました。

k03_advance20161111.jpg k04_advance20161111.jpg
 ランチタイムは学生デザインの横断幕がお出迎え 英語での歓談で懇親を深めました 


15時からは5号館5104教室で英語によるプレゼンテーションが開催されました。9月から2か月間、ベルリッツ・ジャパン株式会社の協力のもと、外国人講師によるプレゼンテーション演習を受講した学生たちは、日本の四季や祭事にまつわる発表を英語で行い、時にはジョークを交え、場内から笑いを誘っていました。

生駒市長 小紫雅史 氏のプレゼンテーションでは、質疑応答の際に英語で学生から質問もあり、取り組みの成果が伺えました。
(小紫市長のFACEBOOKでご紹介いただきました→こちら

k05_advance20161111.jpg k06_advance20161111.jpg
本学学生発表の様子  プレゼン会場の様子


今回の『国際交流プログラム』において、学生たちは海外の外交官等との交流を通じて異文化への理解を深め、外国語に臆することなくコミュニケーションを行い、将来、世界をフィールドに活躍する人材としての自覚が芽生えた様子でした。

◇関連記事
・経済学部ニュース:【アドバンスプログラム】帝塚山大学×国際交流基金×生駒市―海外35ヶ国の外交官・公務員と学生による国際交流を実施
・経営学部ニュース:【アドバンスプログラム】帝塚山大学×国際交流基金×生駒市―海外35ヶ国の外交官・公務員と学生による国際交流を実施
・法学部ニュース:
【アドバンスプログラム】帝塚山大学×国際交流基金×生駒市―海外35ヶ国の外交官・公務員と学生による国際交流を実施 

作法を英語で解説(生駒市高山竹林園)

作法を英語で解説(生駒市高山竹林園)

皆さんで記念撮影(生駒市高山竹林園)

皆さんで記念撮影(生駒市高山竹林園)

ランチ後の歓談の様子(本学まほろば)

ランチ後の歓談の様子(本学まほろば)

小紫市長に英語で質問する学生(本学プレゼン会場)

小紫市長に英語で質問する学生(本学プレゼン会場)