• HOME
  • ニュース一覧
  • 本学学生プロデュースの新感覚酒粕スイーツ『朝の醍醐味』試食会を開催

ニュース

2016年11月11日
本学学生プロデュースの新感覚酒粕スイーツ『朝の醍醐味』試食会を開催

11月10日(木)、本学奈良・学園前キャンパス14号館学生ホールにて、本学学生プロデュースの新感覚酒粕スイーツ『朝の醍醐味』報道機関様向け特別試食会を開催しました。
学生が制作した『朝の醍醐味』POP(写真)を目印に、報道機関様をはじめとする多数のお客様に試食会にご参加いただきました。

k01_asanodaigomipop20161110.jpg


本学 岩井洋学長による開会挨拶に続き、今回の酒粕スイーツ開発の目的について本学現代生活学部食物栄養学科の稲熊隆博教授から説明があり、「発酵食品である酒粕には栄養素が豊富に含まれ、手軽においしく、朝から『醍醐味』が味わえる新しいスイーツです」とのお話がありました。

続いて、文学部文化創造学科の河口充勇准教授から、「朝の醍醐味」のネーミング・コンセプトを学生たちがどのように考えたのか、そのプロセスやキャッチコピー、パッケージデザイン等について説明があり、今回の試食会に合わせて、特別に同学科の牟田口教授のゼミで撮影した紹介動画が発表されました。

一方、開発経緯等の説明の間、本学食物栄養学科の稲熊隆博教授のゼミ学生達は、試食の準備に取り掛かっていました。
準備が整い、いよいよ試食開始。
報道機関の方々は、お好みの味の「朝の醍醐味」の入ったカップを手に、じっくりと味わっていただきました。

会場から「おいしいね」「酒粕の風味が良い」などの声が聞かれる中、株式会社北岡本店常務取締役の保井 喬様より、「朝の醍醐味」の誕生についてのお話と販売予定についてご説明いただきました。

質疑応答では、報道機関各社様から多くの質問をいただき、盛況のうちに試食会が終了となりました。

試食会終了後も、報道機関各社様からプロジェクトに携わった学生・教員に熱心に取材をしていただき、学生たちは試食会を終えた達成感を味わいつつも、PRについての改善点について議論するなど、早速、次の展開に向けた動きを見せていました。


試食会ご参加の皆さまから「おいしい!」と好評をいただいた「朝の醍醐味」。
株式会社北岡本店様ホームページからご購入いただけます。
また、11月19日(土)・20日(日)に開催される本学大学祭「第52回虹色祭」において、本プロジェクトに携わった学生たちによる特別販売が行われます。

本プロジェクトで、学生たちは様々な学びを得て成長しました。
本学では今後も社会とつながる「実学教育」を充実させるべく、プロジェクト型学習を推進してまいります。 

岩井学長による試食会開会挨拶

岩井学長による試食会開会挨拶

試食用の「朝の醍醐味」を準備する食物栄養学科の学生たち

試食用の「朝の醍醐味」を準備する食物栄養学科の学生たち

株式会社北岡本店 保井常務のお話

株式会社北岡本店 保井常務のお話

試食会後、試食する様子の取材を受ける学生たち

試食会後、試食する様子の取材を受ける学生たち