重要なお知らせ

重要なお知らせ

2016年06月13日
「ヘルスチーム菜良」協議会が「食育推進ボランティア表彰」を受賞

2016年6月11日(土)、福島県郡山市で開催された農林水産省主催の第11回食育推進全国大会inふくしまにおいて、本学現代生活学部食物栄養学科が参加する「ヘルスチーム菜良(なら)」協議会が「食育推進ボランティア表彰」を受賞しました。

k01_sva20160611.jpg

この表彰は若い世代を対象とした望ましい食習慣の普及啓発等の食育の推進を図ることを目的に、2009年度から実施されており、2016年度が8回目で、食育の推進に関わるボランティア団体等が表彰の対象となります。

今回は58件の推薦があった中からヘルスチーム菜良協議会を含め10件の取組みが表彰対象となりました。 

表彰式には、本学食物栄養学科の真幡隆明さん(3年)と近畿大学の学生代表、本学ヘルスチーム菜良の顧問でありヘルスチーム菜良協議会事務局を務める食物栄養学科の岩橋明子講師(写真左端)が出席しました。

k02_sva20160611.jpg

 「ヘルスチーム菜良」は、奈良県内の管理栄養士養成課程(畿央大学・近畿大学・帝塚山大学・奈良女子大学)の学生で構成されたボランティアサークルです。 

平成21年10月の結成以来、管理栄養士養成課程で学ぶ知識や技能を活かして、自治体や各種団体・企業等と連携し、同世代や子どもたちに対する食育活動などを行っています。また、大学ごとに特色を生かした活動を行うとともに、協議会を通じてそれぞれの大学での活動の報告発表や意見交換、協働でのイベント参加など、より良い活動ができるように日々お互いに高め合ってきたことが評価されました。 

午後に行われたシンポジウムでは、表彰事例の中から選ばれた3事例の発表がありました。ヘルスチーム菜良からは帝塚山大学の真幡隆明さん(3年)が「大学生の連携による食育活動」についての発表を行いました。

学生たちの活動は、本学が掲げる「実学」の理念を受け、日々の講義・実習だけではなかなか体験できない、各種組織との連絡調整や地域住民の方との交流を通じて、管理栄養士・社会人として活躍できるための重要な学びの場となっています。

学生たちは、今回の受賞を大いに喜び、今後もさらに活動を広げていきたいと意欲に満ちていました。

表彰式の様子

表彰式の様子

表彰状を手にした真幡隆明さん

表彰状を手にした真幡隆明さん

シンポジウムで事例発表を行う真幡さん

シンポジウムで事例発表を行う真幡さん

農林水産大臣表彰の記念品

農林水産大臣表彰の記念品