• HOME
  • ニュース一覧
  • 「球場を満員にするプロジェクト2016」バファローズ担当者による第2回講義が行われました

ニュース

2016年05月27日
「球場を満員にするプロジェクト2016」バファローズ担当者による第2回講義が行われました

5月26日(木)、経済・経営両学部の授業で、オリックス・バファローズ事業本部部長の三上尚弘氏による第2回講義が行われました。

本講義は、8月21日(日)に佐藤薬品スタジアム(橿原市)で開催されるオリックス・バファローズのウエスタン・リーグ最終戦で、宣伝費をかけることなく球場を満員にしようという、オリックス・バファローズ、本学、奈良県の3者による産学官連携プロジェクトの一環として行われています。

前回の三上氏の講義の際に課された「どの地域で重点的に宣伝活動を行うべきか」という課題に対し、学生がプレゼンテーションを行い、人口や交通費の違いに着目した分析をもとに、重点宣伝地域を提案しました。

今回の講義の詳しい様子は、経済学部・経営学部の各学部ニュースをご覧ください。

経済学部ニュース(プロジェクト演習・スポーツ経済C)
経営学部ニュース(実践的スポーツビジネスA)