• HOME
  • ニュース一覧
  • 奈良県ユニセフ協会共催公開講座「世界の子ども日本の子ども~ユニセフ活動を通して見えてくるもの~」を開催しました

ニュース

2015年11月30日
奈良県ユニセフ協会共催公開講座「世界の子ども日本の子ども~ユニセフ活動を通して見えてくるもの~」を開催しました

本学と奈良県ユニセフ協会の共催による公開講座を11月28日(土)に奈良・学園前キャンパスで開催いたしました。

当日は、奈良県ユニセフ協会事務局長 八木勇氏によるユニセフ活動紹介の後、本学法学部 末吉洋文教授(法学部長)による講演「世界の子ども日本の子ども~ユニセフ活動を通して見えてくるもの~」をおこないました。

国際法学者である末吉教授は、法学部においては「平和学」を担当しており、子どもの権利条約および3つの議定書を中心として、子どもに関する国内外の諸問題(子ども兵士、児童労働、難民の子ども、子どもの貧困等)について講演されました。

参加者の方からは、
「子どもの人権問題について、深く考えることができました。」
「世界の貧困も大変気になりましたが、加えて日本社会の子どもの貧困について、深刻さを知りました。」
といった感想をいただき、好評のうちに終了しました。

奈良県ユニセフ協会 八木事務局長による活動紹介

奈良県ユニセフ協会 八木事務局長による活動紹介

末吉教授 講演の様子

末吉教授 講演の様子

末吉教授の講演に熱心に耳を傾ける受講者の皆さん

末吉教授の講演に熱心に耳を傾ける受講者の皆さん

多数の方に受講いただきました

多数の方に受講いただきました