ニュース

2015年09月28日
「TEZUcafe」第一期生卒業式を挙行しました

k01_tezucafe20150926.jpg

9月26日(土)、道の駅「吉野路大塔」(奈良県五條市)の学生レストラン「TEZUcafe」にて、第一期生卒業式を挙行いたしました。

「TEZUcafe」は、本学現代生活学部食物栄養学科の河合洋見教授(五條市観光大使、担当科目:臨床栄養、食事療法論)指導の下、管理栄養士を志望する学生が、メニューの開発から調理・接客にいたるまで全てを運営するという画期的な学生レストランです。
4年生18名で構成される一期生は、管理栄養士国家試験に向けて本格的に勉強を開始する時期に入るため、本プロジェクトを後輩に託し、本日の卒業式をもってTEZUcafeを卒業いたします。

15時30分からの卒業式には、メディア各社の取材陣も多数来場される中、学生とご家族、五條市関係者、本学関係者合わせて約50名が参加し、和やかな雰囲気で執り行われました。

はじめに、太田好紀五條市長からご挨拶をいただき、続いて本学の蓮花一己副学長から大学代表挨拶がありました。

次に、河合洋見教授からTEZUcafeの概要について説明があり、来場者数や収支、そしてTEZUcafeで学んだことなど、TEZUcafeでの成果報告を井谷紗耶加さん(食物栄養学科4年)からおこないました。
のべ2286名のお客様にご利用いただいた、という報告がありました。

次に、風戸友里さん(同学科4年)から太田市長に目録の贈呈が行われました。
これは、TEZUcafeの収益の一部を五條市へ寄付するものです。

続いて、太田市長から学生一人ひとりに感謝状が贈呈されました(写真)。
感謝状を受け取る学生の表情は活き活きと輝き、その姿をおさめようとカメラのシャッターを切る音がなかなか鳴り止むことはありませんでした。
感謝の言葉と記念写真の入った感謝状は、学生の一生の宝物になったようでした。 

k02_tezucafe20150926.jpg

卒業式も佳境となり、前方に掲示された記念写真パネルの除幕式が行われました。
太田市長、蓮花副学長が幕を引くと、第一期生の記念写真があらわれました。

除幕式につづき、太田市長から激励のお言葉をいただきました。
「TEZUcafeの学生の皆さんを家族のように思います。このようなあたたかいつながりが大切」という太田市長からの感謝のお言葉に、会場全体はあたたかな感動に包まれました。

最後に、学生からの感謝の言葉として、植田勇佑さん(同学科4年)から太田市長に謝辞が述べられました。
本年2月に初めて道の駅を視察した時からの振り返りでは、悩み、喜び、さまざまな思いを経験しながら運営したTEZUcafeの思い出、この経験で得たチームワークの大切さ、そして自分たちを支えてくださった方への感謝の言葉が店内と出席者の胸に響きました。

厳かな中にもあたたかみのある卒業式となりました。
出席者の方からは「本当に良い式だった。学生たちの頑張りと今日の笑顔は本当に素晴らしい」というお言葉をいただきました。

式の後、懇親会へ向かう道すがら、記念撮影では学生たちの笑顔が弾けました(写真)

k03_tezucafe20150926.jpg

懇親会では、学生と学生のご家族、五條市関係者の皆さん、本学関係者が参加して盛大に行われました。
第一期生は本日をもってTEZUcafeを卒業しますが、10月9日(金)に改めて五條市役所にて学生から詳細の報告が行われる予定です。

今後も本学と五條市は様々な形で地域連携に取り組んでまいります。

風戸友里

太田市長による挨拶

太田市長による挨拶

蓮花副学長による挨拶

蓮花副学長による挨拶

記念写真の除幕式の様子

記念写真の除幕式の様子

第一期生と保護者の方が一緒に記念撮影

第一期生と保護者の方が一緒に記念撮影