• HOME
  • ニュース一覧
  • 【地域連携】講演・情報交換会「ニュータウン地域の将来を創りだそう!」第2回を開催(9/12)

ニュース

2015年09月24日
【地域連携】講演・情報交換会「ニュータウン地域の将来を創りだそう!」第2回を開催(9/12)

kawaicho0912_k001.jpg

9月12日(土)、河合町まほろばホール(小ホール)にて講演・情報交換会「ニュータウン地域の将来を創りだそう!」(主催:地域・まちづくり研究会 後援:河合町、上牧町 協力:帝塚山大学村田研究室、奈良フェニックス大学 事業支援:一般社団法人近畿建設協会)の第2回が開催されました。

本会は、7月30日に調印された本学と北葛城郡河合町との包括的連携協定に基づき、西大和ニュータウン地域をモデルとして、大幅な人口減少、高齢化、空き家の増加など、地域におけるさまざまな課題に対して、「ソーシャルビジネスの創出」という切り口で、本学文学部文化創造学科 村田武一郎教授が中心となってニュータウン再生の方策を検討するという画期的な取り組みで、8月29日の第1回に続いて開催されたものです。

13:30からの講演・情報交換会は、帝塚山大学非常勤講師で一般社団法人地域づくり支援機構理事の金原薫氏による講演「地域ボランティアカードが活力とつながりを創りだす」からスタートしました。
シニア世代のボランティア活動や学習・健康づくり活動にポイントが付与され、それを商店街で利用できる仕組みが動き始めている奈良市の取り組みについて紹介されました。

後半は、情報交換会「地域の将来を創りだそう!」が行われ、『ソーシャルビジネスづくりを楽しもう!』というテーマで村田教授による話題提供と情報交換が行われました。
西大和ニュータウン地域におけるソーシャルビジネスのイメージを例示し、村田教授のコーディネートにより、活発な情報交換がなされました。

◇関連リンク
 【地域連携】講演・情報交換会「ニュータウン地域の将来を創りだそう!」第1回を開催(8/29)

金原薫氏による講演

金原薫氏による講演

村田教授による話題提供

村田教授による話題提供