ニュース

2015年05月14日
実学の帝塚山『球場を満員にするプロジェクト』始動!

本学経済学部・経営学部では、奈良県、オリックス野球クラブ株式会社との3者コラボレーションにより、ウェスタンリーグ公式戦において『球場を満員にするプロジェクト』に取り組むこととなり、5月13日(水)、奈良県庁の記者会見室で発表記者会見を行いました。

このプロジェクトは、経済学部「プロジェクト演習・スポーツ経済」、経営学部「実践的スポーツビジネス」を合同授業としてリレー形式で講義を行い、毎月1回、球団職員も講義に来られるもので、9月23日(水・祝)に佐藤薬品スタジアム(奈良県橿原市)で行なわれるウエスタン・リーグ公式戦オリックス・バファローズ対阪神タイガース戦において、球場を観客で満員にする手法を学生とともに考えていくプロジェクト型授業です。

受講学生は、試合開催に関する企画、宣伝、広報、来場者調査に関する事項を、球団職員からの講座を通して学び、試合開催を通じて、実学のマーケティングを体験します。

球団職員による第1回講義は、5月21日(木)に開講されます。

◇参考リンク
経済学部ニュース(プロジェクト演習・スポーツ経済A)
経営学部ニュース(実践的スポーツビジネス)