• HOME
  • ニュース一覧
  • 【地域連携】河合洋見教授が五條市観光大使に委嘱されました

ニュース

2015年03月20日
【地域連携】河合洋見教授が五條市観光大使に委嘱されました

3月19日(木)、本学現代生活学部食物栄養学科の河合洋見教授が、奈良県五條市の「五條市観光大使」に委嘱され、五條市役所において委嘱状の交付式がとり行われました。

帝塚山大学と奈良県五條市は、協同のパートナーシップのもと、まちづくり、教育、文化、福祉、 産業の振興など多様な分野で包括的な連携協力をし、人と情報の相互交流を深め、地域社会の発展と 人材育成に寄与することを目的とした連携協力に関する協定を2013年に締結しています。

昨年夏に開催されたJR大阪駅での本学と五條市とのコラボイベントなど、様々な方面での地域連携プロジェクトにおいて取り組まれた功績により、河合教授が観光大使として委嘱されることとなりました。

高知県の観光特使でもある河合教授は、映画監督の河瀨直美さん(本学特定教授)に続く2人目の五條市観光大使となります。

「自治体の観光PRは、イベントのプロジェクトを提案・実行していくことに尽きます。都会と地方の仲介役となり、アイデアを出して役立ちたいと考えています」と河合教授は話しています。

【参考リンク】
河合洋見教授の教員紹介ページ

・本学と五條市の地域連携イベント開催報告(2014年8月)
  FunFanFesta2014(大阪ステーションシティ)で地域連携イベントを開催(8月17日)

委嘱状交付式の様子

委嘱状交付式の様子

記念撮影:太田好紀五條市長(写真左)、河合教授(写真右)

記念撮影:太田好紀五條市長(写真左)、河合教授(写真右)