ニュース

2014年01月24日
ベトナムフートー省人民委員会が本学を視察

【トピックス使用】DSC_0419.JPG

1月22日、ベトナムフートー省人民委員会の一行約20名が視察のため、本学を訪れました。

今回の視察は奈良県と同省の間で、経済、教育、文化観光等の分野における友好関係をさらに発展させることを目的に行われた「友好県省関係の発展に関する了解覚書」の締結式に続き、実施されたものです。

まず一行は、本学に留学しているベトナムの学生とともに、奈良・学園前キャンパスを視察。こころのケアセンターや現代生活学部食物栄養学科が授業で使用する調理実習室などを見学しました。

続けて、奈良・東生駒キャンパスに移動し、1号館の大教室をはじめ、ITの設備が整った7号館や図書館2階のアクティブラーニングスペース「Cキューブ」を訪れ(写真)、施設設備を用いた教育内容・方法について、説明を受けていました。

その後の意見交換会では、本学が提唱した「奈良学」に対する「フートー学」なるものの可能性を探るなど、活発なやりとりがなされました。「学生や教員たち相互の交流を一層深めていきたい」とのコメントもあり、今後の活発な交流が期待されます。

帝塚山大学の教育取り組みを説明する岩井学長

食事会の様子

活発な意見交換が行われました

今後の活発な交流を深めることを期待して記念撮影を行いました