• HOME
  • ニュース一覧
  • 大学院心理科学研究科 臨床心理士一次試験合格者12名全員が二次に合格

ニュース

2013年12月16日
大学院心理科学研究科 臨床心理士一次試験合格者12名全員が二次に合格

このたび合格発表のあった日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士資格審査試験において、一次試験に合格した本学大学院(現心理科学研究科、旧人文科学研究科臨床社会心理学専攻)修了生12名全員がみごと二次試験に合格しました。

去る10月6日(日)に東京ビックサイトで実施された一次試験(筆記試験)の結果を受け、11月17日(日)には、一次試験合格者に対する二次試験(口述面接試験)が行われました。今回、受験した2804名のうち、二段階選抜を経た最終合格者は1751名という厳しい結果に。しかし、本学大学院修了生は一次合格を果たした12名全員が二次にみごと合格。

特筆すべきことは、2008年3月に修了した同専攻第一期生の合格。仕事があるなか、毎日の地道な勉強が実を結び、見事合格を果たしました。

来年は心理科学研究科あげて、まず一次試験において、全国レベルをはるかに超える90%以上の合格率を目指したいと思います。