• HOME
  • ニュース一覧
  • 奈良県中小企業家同友会と「産学地域連携基本協定」を締結しました。

ニュース

2013年07月31日
奈良県中小企業家同友会と「産学地域連携基本協定」を締結しました。

 

調印式の様子(左:岩井学長、右:平山代表理事).JPG

調印式の様子(左:岩井学長(帝塚山大学)、右:平山代表理事(奈良県中小企業家同友会))

 

7月30日、奈良ロイヤルホテルにて奈良県中小企業家同友会と本学との間で「産学地域連携基本協定」を締結しました。

この協定は、地域社会における経営革新やその教育等を支援し、新事業の創出等地域振興及び地域産業振興に寄与することを目的としています。また、学術・研究、人材育成等の分野において、相互の人的・知的資源の交流・活性化を図り、相互に有意義と認められる諸事業を学生参加型で行うことにより、地域社会の発展に資することを目的としています。

調印式後に同会場にて行われた懇談会では、2014年度に新設される文化創造学科に着任予定の宇野教授より3次元パノラマビューを利用した地域活性化の取組みについて、経営学部4回生の赤尾麻衣さんからは家業の継承について研究報告を行いました。

この懇談会では、本学と地域企業との産学連携で企画開発された「帝塚山大学創立50周年記念 学長ラムネ」で乾杯する一幕もあり、終始和やかな雰囲気の中、無事に調印式を終えることができました。

本学は、今後も積極的に産学連携に取組んでいきます。

 

 

調印後の集合写真

調印後の集合写真

学長ラムネによる乾杯の様子

学長ラムネによる乾杯の様子

宇野教授による特殊カメラを利用した地域活性化のアプローチについて

宇野教授による特殊カメラを利用した地域活性化のアプローチについて

経営学部4回生 赤尾麻衣さんの研究報告

経営学部4回生 赤尾麻衣さんの研究報告