ニュース

2012年11月22日
<ナント>元気企業マッチングフェア2012に参加しました

 

 

11月21日、産学連携の取組みの一環として、昨年に引き続き「<ナント>元気企業マッチングフェ2012」(主催:南都銀行、南都経済研究所)に、ブース出展しました。

このフェアは、昨年までは、「<ナント>農工商ビジネスフェア」という形で開催されていましたが、より多くの業種の企業に参加してほしいという主催者の意向により、今年は「農工商」の文言が取り払われ、「<ナント>元気企業マッチングフェア2012」と名称が変更されました。

 

このフェアは、出展企業と来場者のビジネスマッチングを図ることがねらいで、今年は約150の企業・機関の参加があり、教育機関からは、同行と産学連携を行っている9機関が出展しました。


本学からは、産学連携ゾーンにて、帝塚山大学こころのケアセンター及びNPO法人大学院連合メンタルヘルスセンターによるメンタルヘルスの支援活動紹介と、経営学部(菅ゼミ)の産学連携プロジェクトの事例紹介を行いました。

具体的には、帝塚山大学こころのケアセンター及びNPO法人大学院連合メンタルヘルスセンターの今年からの新たな取組みとして、メンタルヘルスケアをテーマに、ブース来訪者を対象にアンケート式の簡易ストレスチェックを実施しました。また、経営学部からは、菅ゼミの学生達が、実際に自分達が携わった商品開発についてのエピソードや、工夫した点等について説明を行いました。

本学ブースには、自治体関係者をはじめ、多くの企業の方々が訪れ、本学の取組みに高い関心を示していました。

本学は、今後も積極的に産学連携に取組んでいきます。

帝塚山大学ブース

帝塚山大学ブース

大学院連合メンタルヘルスセンターについて説明する森下先生

大学院連合メンタルヘルスセンターについて説明する森下先生

地元企業との共同開発商品の説明をする経営学部三年生森崎君

地元企業との共同開発商品の説明をする経営学部三年生森崎君

賑わうブースの様子

賑わうブースの様子