• HOME
  • ニュース一覧
  • 第8期 「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」が始まりました

ニュース

2012年10月22日
第8期 「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」が始まりました

 

岩井学長挨拶(学びなおしプログラム).JPG

10月22日から、第8期「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」が始まりました。このプログラムは、貴重な世界遺産を持つ奈良の魅力と奥深さを伝える語学のスキルと文化的素養やもてなしの心を身につけた英語観光ガイドのスペシャリストを育成し、奈良の国際化と活性化に寄与することを目的とした本学独自のプログラムです。2007年度に文部科学省の委託事業「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」に採択されて以来、これまでに7回プログラムを実施し、約200名の修了生を輩出してきました。

 

オリエンテーションでは、まずはじめに岩井学長から挨拶があり、「このプログラムは、本学が世界に誇れるプログラムの一つ。知識やスキルをさらにスキルアップして、プログラム修了生として活躍してほしい。」と激励の言葉が贈られました。その後、各授業について担当講師より説明があり、英語で自己紹介をして、今後の授業に備えました。

受講生は、これから3ヶ月に亘って、120時間の講義を受講し、古都奈良を英語で世界に発信するスペシャリストをめざします。

「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」概要はこちら。 ※2012年度募集は終了しています。