• HOME
  • ニュース一覧
  • 【産学連携】 チョコレートの商品化を目指す― 経営学部 菅ゼミで商品企画の発表をしました

ニュース

2012年06月01日
【産学連携】 チョコレートの商品化を目指す― 経営学部 菅ゼミで商品企画の発表をしました

 

菅ゼミ 発表の様子.JPG

今年度から経営学部 菅ゼミでは、加藤工業㈱と(有)プレニューフードと連携して、チョコレートの商品開発に取り組んでいます。

 

5月29日、加藤工業㈱の加藤社長と黒木部長をお招きして、「チョコレート事業への挑戦」と題して、チョコレート事業の立ち上げから現在に至るまでを苦労話も交えながらご講演いただきました。

また、経営学部 菅ゼミの明石千恵さんと、赤尾麻衣さんがチョコレートの商品開発について発表しました。

明石さんと赤尾さんは、チョコレートの市場調査を行なった上で、手軽さや健康・美容を考慮した商品を提案。二人の提案を受けて、加藤社長から具体的な宣伝方法についての質問が寄せられるなど、早速、商品化にむけて動き始めました。

チョコレートは、今秋の商品化を目指しています。菅ゼミでは、この商品開発を通じて、商品開発企画から完成までの一連のプロセスや、マーケティングについて学びます。

加藤社長による講演の様子。

加藤社長による講演の様子。

加藤工業㈱のチョコレート。

加藤工業㈱のチョコレート。試食させてくださいました。このチョコレートは、生駒市でとれた蜂蜜を使っています。