• HOME
  • ニュース一覧
  • 「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」が特色ある取組の代表校5校に選ばれ、文部科学省webサイトに紹介されました

ニュース

2011年10月28日
「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」が特色ある取組の代表校5校に選ばれ、文部科学省webサイトに紹介されました

 

講義の様子

本学で実施している「英語による奈良観光ガイド人材養成プログラム」が特色ある取組の代表として、文部科学省webサイトに紹介されました。

 

この取組は、平成19年度 文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」に選定されたものです。同プログラムには、平成19・20両年度あわせて、465件の申請に対し、160件が選定されていますが、その数多くの取組の中から、高い質を保証したプログラムや自治体・産業界と連携したプログラムの代表校5校のうち1校として、今回以下Webサイトに紹介されています。http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shoumei/08020613/1312471.htm

このプログラムは学校教育法における「履修証明制度」が適用されています。この制度は、大学の教育研究成果をより積極的に社会へ提供するため、科目等履修生制度や公開講座等だけではなく、学生を対象とする学位プログラムの他に、社会人等の学生以外の者を対象とした一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して法に基づく履修証明書(Certificate)を交付するものです。

本プログラムは文科省からの財政支援期間終了後も引き続き実施しており、本年度も10月27日に開講式をとり行い、プログラムがスタートしました。文化的素養ともてなしの心を身に付け、英語文化圏に奈良文化を発信する原動力となる能力を持つ人材を育成し、奈良の国際化と活性化に寄与できるよう、取組を推進していきます。

英語による奈良観光ガイド人材養成プログラムの講義の様子

英語による奈良観光ガイド人材養成プログラムの講義の様子

臨地講義の様子

臨地講義の様子