• HOME
  • ニュース一覧
  • 近畿日本鉄道グループ提供講座「観光ビジネス入門」が始まりました

ニュース

2010年10月02日
近畿日本鉄道グループ提供講座「観光ビジネス入門」が始まりました

 

P1020766(講義の様子).JPG

 

 

帝塚山大学では、平成22年4月、経営情報学部に、「観光経営コース」を開設しました。そのことを記念して、経営情報学部では、近畿日本鉄道グループによる提供講座「観光ビジネス入門」を、9月30日から1月27日までの毎週木曜日第4限に、合計15回開催します。

 

9月30日に行われた第1回目の講義は、近畿日本鉄道株式会社 取締役社長 小林 哲也氏にご担当いただき、「鉄道と観光ビジネス」と題して、鉄道事業戦略とその中での観光ビジネスの位置づけ及び発展について、講義いただきました。 

講義では、まず「易経」の「観光之光、利用賓于五」(国之光を観る王に賓たるに用いるに利ろし)という言葉を用いて、観光の定義についてふれ、鉄道事業戦略の概要や、実例として、近畿日本鉄道の商品「まわりゃんせ」や、近畿日本ツーリストの企画を紹介しながら、近畿日本鉄道グループの経営戦略と観光ビジネスについて、お話いただきました。 

そして、1300年祭後の奈良観光の活性化など、今後のまわりゃんせ.jpg鉄道事業と観光ビジネスの方向性についてお話いただき、最後は、質疑応答で講義

を締めくくりました。

 

第2回目以降は、近畿日本鉄道グループ各社の方に、観光ビジネスの現場について、最新の実情等を様々な角度から講義していただきます。

観光ビジネスの最前線に直接触れることで、更なる学習意欲の向上や将来設計への大きな成果が得られることを期待しています。

今後の観光ビジネス戦略について質問をする学生

今後の観光ビジネス戦略について質問をする学生