ニュース

2010年06月11日
第5回情報危機管理コンテストで「スマート賞」受賞

第5回情報機器管理コンテスト

6月3日から5日にかけて、「第14回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」と同時に、「情報危機管理コンテスト」が和歌山県立情報交流センターBig・Uにて開催されました。同コンテストは、情報セキュリティを実践する技術者の腕試しと、情報セキュリティに関心を持つ学生たちの情報交流の場を提供するほか、情報セキュリティ技術の重要性を再認識してもらうことを目的に実施されるもので、本学は第1回から継続して参戦しています。

本年度は、競技A→競技B→予選→決戦へと勝ち進み、6月4日の決勝戦に臨みました。

決勝戦では、インシデントに対する問題解決能力だけでなく、丁寧でわかりやすいレポート力と具体的な根拠に基づいた適切な対応力が評価されます。

他大学は、1チーム4名でしたが、本学は1チーム3名とハンディもあった中健闘し、「スマート賞」を受賞しました。インシデント対応も早く、顧客や上司への電話・メール報告では、誰もが納得する対応方法を提案でき、被害を最小限に抑えられる判断力、設定値等の提示力に高い評価を受けました。残念なことに対応内容が最終のトラブル報告書に反映されていなかったということで、今後の課題としてレポート力をあげられました。

なお、コンテストに参加した他大学学生との交流もでき、学生たちで自主勉強会を開こうと計画もしているようです。 

参加大学と賞は以下の通り

経済産業大臣賞  信州大学

スマート賞    帝塚山大学

パッション賞   岩崎学園情報科学専門学校

クール賞     東京電機大学

テクニカル賞   関西大学

情報危機管理コンテスト

情報危機管理コンテスト